このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 注目情報 の中の 新型コロナウイルス感染症情報 の中の 新型コロナウイルス感染症のワクチン接種 の中の 新型コロナワクチン接種の副反応への対応について のページです。

本文ここから

新型コロナワクチン接種の副反応への対応について

更新日:2021年5月21日

【区民の皆様へ】副反応に関するお知らせ

 ファイザー社の新型コロナワクチン接種後の副反応として、これまでに認められている副反応は、注射した部分の痛み、疲労、頭痛、筋肉や関節の痛み等が報告されています。こうした症状の大部分は、接種後、数日以内に回復していますが、2回目の接種では、発熱や倦怠感が顕著に出現するとの報告があります。
 2回目の接種は、1回目の接種から3週間後と示されておりますので、3週間後の予定も踏まえて1回目の日程を決めていただきたいと思います。

 副反応としては、まれな頻度でアナフィラキシー(急性のアレルギー反応)が発生します。集団接種会場内で、アナフィラキシーが起きたときは、会場にいる医師、看護師が救急処置を行い、必要に応じて、救急搬送をいたします。

●接種後、帰宅してから体調不良になりご心配な方は…

 まずは「かかりつけ医」または「東京都新型コロナウイルスワクチン副反応相談センター」へご相談ください。副反応・アナフィラキシーについての詳細はこちらをご確認ください。

 <東京都新型コロナウイルスワクチン副反応相談センター>

   主なお問い合わせ内容:接種後に副反応の症状が見られる場合の医療職への相談等

   電話番号:03-6258-5802

   受付時間:24時間対応(土日祝日を含む毎日)

●副反応が起きた場合の健康被害救済制度

 予防接種による健康被害(病気や障害が残る等)が生じた場合、その健康被害が接種を受けたことによるものであると厚生労働大臣が認定したときは救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。申請はワクチン接種時の住民票所在地で行う必要があります。
 申請に必要な書類等、詳細は厚生労働省ホームページ「予防接種健康被害救済制度」をご確認ください。


申請から認定・支給までの流れ

 【医療機関の皆様へ】副反応疑い報告のお願い

 国はワクチンの接種後に生じうる副反応を疑う事例について、医師・医療機関の開設者に報告をお願いし、収集しています。報告方法に関しては厚生労働省ホームページ「医師等の皆さまへ〜新型コロナワクチンの副反応疑い報告のお願い〜」をご確認ください。

お問い合わせ

大田区新型コロナワクチン接種コールセンター
電話:03-6629-6342 
FAX:03-5744-1574
受付時間:平日、土曜=午前8時30分〜午後5時15分
お電話のかけ間違いが多くなっております。発信前に改めて電話番号をご確認いただくようお願いいたします。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

新型コロナウイルス感染症のワクチン接種

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)