おおた和の祭典2022を開催します!(参加者募集)

ページ番号:906889203

更新日:2021年10月29日

大田区民プラザにて「おおた和の祭典2022 和をつなぐ『和っく和っくな学び舎』」を開催します!
今回は新しい生活様式を踏まえ、日本が培ってきた和文化をより身近に、より深く、感じられる少人数制のワークショップとなっています。
子どもから大人まで楽しめる内容となっていますので、ぜひお気軽にご応募ください!
受け継がれている日本の伝統を実際に体験し、その素晴らしさを感じてみませんか?

イベントカレンダーへ

開催期間

令和4年1月8日(土曜日)から 3月19日(土曜日)まで

応募方法

【申込方法】
大田区文化振興協会ホームページ内「おおた和の祭典」申込フォームをご利用ください。

【募集期間】
令和3年10月29日(金曜日) 9時 から 11月23日(火曜日・祝日) 23時59分 まで
(注釈1)すべて事前申込制としていますのでご注意ください。

【応募結果】
12月10日(金曜日)にメールにて当落のご連絡をします。
(注釈2)申込多数の場合は抽選となります。

場所

募集内容

「伝統芸能編」

日本の長い歴史の中で、受け継がれている芸能の世界。
その中でも、邦楽・邦舞は、日常生活と共に培われてきた日本文化。
日常から離れてしまった日本人の心・真髄を感じる時間に触れてみませんか♪

邦楽器コース 再び!日本の楽器を習おう!!!『箏・三味線・小鼓』

江戸時代は庶民に文化芸術が広がった時代といわれています。
さまざまな習い事が活発に行われており、なかでも、邦楽器は大変人気がありました。
格式のある家庭で、たしなみの一つとされた「箏」、庶民に広く親しまれた「三味線」そして、能や歌舞伎舞台で用いられた「小鼓」
全6回の練習(1時間半)を経て、3月19日(土曜日)に大田区民プラザ 小ホールにて成果発表を行います。

日本舞踊コース 浴衣を着て、舞い踊る『日本舞踊入門』

日本舞踊は、歌舞伎舞踊から展開した歴史・経緯があります。
舞で、風・木・鳥を表現したり、老若男女を踊り分けたり、多彩で魅力的な舞踊です。
今回は、着付から所作、日本舞踊の基礎を学びます。

全6回の練習(1時間半)を経て、3月19日(土曜日)に大田区民プラザ 小ホールにて成果発表を行います。

成果発表会邦楽と日本舞踊の出逢い

開催日時:令和4年3月19日(土曜日)16時00分開演(15時30分開場)18時00頃終演(予定)
会場:大田区民プラザ 小ホール
(前半)邦楽器コース参加者発表/日本舞踊コース参加者発表
(後半)講師陣による演奏・演舞の披露
(注釈3)入場無料
(注釈4)一般観覧希望の方は、2月上旬頃、大田区文化振興協会ホームページ、情報誌に募集案内いたします。

「華・茶・書編」

日本文化の中に「道」とつくものが多くあります。
何百年も継承し続ける「道」の文化は、長きにわたり人を惹きつけています。
その中から、「三道」と呼ばれる〈茶道〉〈華道〉〈書道〉を体験しましょう!

華道コース「季節のお花を活ける」

華道には、様々な流派がありますが、今回は、月ごとに〈古流〉〈草月流〉〈池坊流〉を取り上げて、季節のお花を活けます。

茶道コース「自分と向き合う時間」

忙しく 過ごす日常から、茶道を通して、自分と向き合い、精神的に豊かな時間を作りませんか。

書道コース「筆と楽しむ・書の世界」

パソコン、携帯が普及し、文字を書く機会が激減した現在だからこそ、筆と墨で文字を書きましょう!

その他

主催

大田区/公益財団法人 大田区文化振興協会

協力

  • 大田区三曲協会
  • 大田区邦楽連盟
  • 大田区日本舞踊連盟
  • 大田区華道茶道文化協会
  • 大田区書道連盟

前回の様子

写真:「日本舞踊体験ワークショップ」のようす

写真:「邦楽体験ワークショップ」のようす

写真:「書道体験ワークショップ」のようす

写真:「茶道体験ワークショップ」のようす

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader のダウンロードへ

Get Adobe Acrobat Reader

お問い合わせ

文化振興課

電話:03-5744-1226
FAX :03-5744-1539
 


公益財団法人大田区文化振興協会 
文化芸術振興課
住所:大田区下丸子三丁目1番地3号
(大田区民プラザ内)
電話:03-3750-1611
FAX :03-3750-1150