分籍届について

ページ番号:679949313

更新日:2022年4月21日

Q1
自分だけ、親の戸籍から抜けることはできますか

A

分籍届を提出することにより親御さんの戸籍から除籍され、新しい戸籍が編製されます。
届出人は分籍する本人となります。なお、いったん分籍すると元の戸籍に復籍することはできません。
(1)分籍届ができる方
  戸籍の筆頭者及び配偶者以外で18歳以上の方
(2)届出に必要な書類など
  分籍届書1通、戸籍全部事項証明書(又は戸籍謄本)1通
  大田区に本籍があり、分籍後の本籍も大田区にする場合は、戸籍全部事項証明書の添付は不要です。
(3)手続きの流れ
  まず、戸籍全部事項証明書を本籍地の役所から取寄せてください。
  郵送で取寄せる場合の詳しい方法などは、本籍地のホームページでご確認できます。
  本籍地から戸籍全部事項証明書が届いたら、本庁舎1階戸籍住民窓口又は各特別出張所へお越しください。分籍届書に必要事項を記入して、戸籍全部事項証明書を添付して届出してください。

戸籍住民課戸籍担当 電話:03-5744-1183 FAX:03-5744-1509
メールによるお問い合わせ

Q2
分籍届書に添付する戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)は、発行から何ヶ月以内と期限はありますか

A

戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)の有効期限については、法律などでは特に定められてはいません。
分籍届の要件の審査と戸籍を記録する内容の正当性を担保する目的から、なるべく直近に取得したものを添付してください。なお、証明書を取得してから戸籍の内容に変更があった場合は、再度、戸籍全部事項証明書を提出していただくこともあります。あらかじめご了承ください。

戸籍住民課戸籍担当 電話:03-5744-1183 FAX:03-5744-1509
メールによるお問い合わせ

Q3
分籍届出は夜間や土日、祝日にできますか

A

区役所本庁舎で受付をしています。
(1)受付時間と受付場所
  月曜日及び木曜日の午後5時から午後7時までは、夜間窓口 
  日曜日の午前9時から午後5時までは、休日窓口
  上記以外の時間帯は、宿直室(地下駐車場入口横の職員通用口から入ることができます)
戸籍届出の受付窓口について、詳しくはこちらをご確認ください。
(2)お持ちいただくもの
  分籍届書1通、戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)1通
  大田区に本籍があり、分籍後の本籍も大田区にする場合は、戸籍全部事項証明書の添付は不要です。
(ご注意)
記入誤りなどがあった場合、内容によっては後日来庁して記入などをしていただくこともありますので、届書に昼間連絡がとれる電話番号の記入をお願いします。書き方についてご不明な点がありましたら、分籍届書を提出する前に下記担当へお電話でお問い合わせください。各特別出張所では、執務時間外の戸籍届書の受付はしておりません。

戸籍住民課戸籍担当 電話:03-5744-1183 FAX:03-5744-1509
メールによるお問い合わせ

Q4
分籍届書を夜間窓口(休日窓口)に提出した当日に、本籍を変更した後の住民票や戸籍全部事項証明書が欲しいのですが

A

当日は発行できかねます。後日、開庁日になってからの発行となります。
分籍届書を受理するには、届書類の内容について民法や戸籍法などで規定する要件を満たしているかどうか審査をします。夜間窓口及び休日窓口は執務時間外になるので、その場で届書の審査をしていないので、受付(お預かり)となります。そのため、届出の当日は受理決定前となることから、証明書の交付は行えません。
なお、受理決定をしてから証明書がいつ発行できるかについては、必要とされる証明書の種類(住民票、戸籍全部事項証明書)や、本籍変更の内容(大田区内での分籍か、大田区外からの分籍か)によって異なります。また、バレンタインデイや七夕など、婚姻届出が多い日に届出された場合は、日数がかかる場合があります。具体的な日数を確認されたい場合は、届出前にお電話などで下記担当までお問い合わせください。

戸籍住民課戸籍担当 電話:03-5744-1183 FAX:03-5744-1509
メールによるお問い合わせ

Q5
分籍届書の届出人署名欄に押印する必要がありますか

A

押印の義務はありませんが、届書に押印いただいても問題ありません。
令和3年9月1日より、戸籍の届書における押印義務の規定が廃止されました。

戸籍住民課戸籍担当 電話:03-5744-1183 FAX:03-5744-1509
メールによるお問い合わせ

Q6
分籍後の本籍を住所と同じにする場合、分籍届書の「新しい本籍」は、どのように記入するのですか

A

新しい本籍を住所と同じにする場合は、「○丁目○番」までの記入となります。
住所で表示されている「号」の部分は住居番号と言い、本籍の表示としては用いることができない部分です。具体的な記入例として、区役所本庁舎の住所と嶺町特別出張所の住所で示すと、次のようになります。
(1)区役所本庁舎の場合
  東京都大田区蒲田五丁目13番14号→東京都大田区蒲田五丁目13番
(2)嶺町特別出張所の場合
  東京都大田区田園調布本町7番1号→東京都大田区田園調布本町7番

戸籍住民課戸籍担当 電話:03-5744-1183 FAX:03-5744-1509
メールによるお問い合わせ