営業許可関係の届出(許可開始日が令和3年6月1日以降の方)

ページ番号:478466870

更新日:2021年6月7日

このページは、許可開始日が令和3年6月1日以降の営業許可を取得している営業者の営業許可の更新、営業許可情報の変更、地位承継届、廃業届、ふぐ加工製品取扱届出、固有記号の届出、食鳥処理施設における確認状況報告書の届出について記載しています。
また、営業届出を提出していただいている営業者の届出情報の変更、廃業届について記載しています。
許可開始日が令和3年5月31日以前の方は、こちらをご覧ください。

新たに、食品に関する営業を始める場合は、こちらをご覧ください。

営業許可の更新

営業許可期限満了後も引き続き営業を継続される方は、許可の更新が必要です。許可期限満了日の約1か月前に保健所へ手続きにいらしてください。

必要な書類については、保健所に問い合わせてください。

営業許可・届出情報の変更

変更届(営業許可の場合)

次のような変更を生じたときは変更届に営業許可書を添えて、変更のあった日から10日以内に提出してください。

変更届(営業届出の場合)

次のような変更を生じたときは、変更のあった日から10日以内に提出してください。

営業許可・届出情報の変更届様式

地位承継届

相続、会社の合併または分割の場合、届出を行うことによって許可や届出の承継ができます。

相続の場合
営業許可書(営業届出の場合は不要)、相続関係が証明できる戸籍謄本や改製原戸籍または法定相続情報一覧図が必要です。
相続人が複数いる場合は、地位の承継についての同意書も必要になります。
事前にお問合せください。

会社の合併または分割の場合
営業許可書(営業届出の場合は不要)、合併または分割の関係を証明できる登記事項証明書(6ヶ月以内)が必要です。
事前にお問合せください。

廃業届

営業をやめた場合はすみやかに(10日以内)廃業届を提出してください。

ふぐ関係の認証・届出

1 活魚のふぐ、未処理のふぐ
活魚のふぐや未処理のふぐを取り扱うためには、認証が必要です。また、ふぐ調理師がいなければなりません。
手数料がかかりますので、詳しくはお問合せください。

2 ふぐ加工製品
ふぐ加工製品(身欠きふぐ、精巣、ふぐ刺身、ふぐちり材料、ふぐ調味加工品、ふぐそう菜等)を販売、調理・加工する場合は届出が必要です。届出の際に保健所の説明を受ける必要があります。
手数料がかかりますので、詳しくはお問合せください。

届出事項に変更を生じたときは、変更届を提出してください。ふぐ加工製品取扱届出済票に記載されている事項を変更した場合は、ふぐ加工製品届出済票を持参してください。

ふぐ加工製品の取扱いを廃止したときは、廃止届にふぐ加工製品取扱届出済票を添えて、10日以内に届け出てください。

  • ふぐ加工製品取扱届出済票を破り、汚し、又は失ったときは、保健所に再交付を申請してください(手数料がかかります。)。詳しくはお問合せください。
  • 相続、法人の合併又は分割があった場合は、場合によって承継が認められますので、事前にお問合せください。

製造所固有記号の届出

製造所固有記号を使用したい方は、消費者庁に届出が必要となります。
消費者庁食品表示企画課の「製造所固有記号の届出をされる方へ」をご覧ください。
届出についての説明や届出様式のダウンロードができます。
消費者庁ホームページにリンク

食鳥処理施設における確認状況報告書(食鳥検査法に基づく届出)

食鳥の種類毎に食肉に処理した羽数を月単位で報告することが必要です。
郵送でも届出できます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader のダウンロードへ

Get Adobe Acrobat Reader

お問い合わせ

大田区大森西一丁目12番1号
電話:03-5764-0697
FAX :03-5764-0711