“空港があるまち大田区”ならではの講演会 大人気体験型ミュージアムで学ぶ航空業界が取り組む地球温暖化対策

ページ番号:518617284

更新日:2017年12月18日

日時
平成29年12月9日(土曜日)午後2時30分から5時まで

場所
JALメインテナンスセンター1(羽田空港3丁目5番1号)

内容
12月の地球温暖化防止月間にあわせて、地球温暖化防止講演会「JAL 工場見学 SKY MUSEUMとそらエコ教室~飛行機の世界から学ぶ地球温暖化対策~」を開催しました。参加した中高生70人は、飛行機の格納庫の見学やパイロットの話から、航空業界が取り組む地球温暖化対策について学びました。
参加者からは、「飛行機を間近で見ることができ、地球温暖化について詳しく知れた。普段では体験できないことができた。」「航空会社がどのように地球温暖化対策をしているのかがわかった。」などの感想があり、大変好評でした。また、そらエコ教室では現役の機長である講師に「どうしたらパイロットになれますか。」と質問する参加者もみられました。

詳細
(注釈1)別紙ちらし参照
開催日時 平成29年12月9日(土曜日)午後2時30分から5時まで
会場 JALメインテナンスセンター1(羽田空港3丁目5番1号)
参加者数 区内在住・在学の中高生70名
主催 大田区
協力 日本航空株式会社

問合先
環境計画課 課長 電話03-5744-1738

見学の様子
見学の様子

講演会の様子
講演会の様子

お問い合わせ

広聴広報課

電話:03-5744-1132
FAX :03-5744-1503
メールによるお問い合わせ