「FIBA 女子アジアカップ 2019」において大会MVPとオールスターファイブ受賞の本橋菜子選手(東京羽田ヴィッキーズ)が大田区長を表敬訪問

ページ番号:946007754

更新日:2019年12月4日

日時
令和元年10月24日(木曜日)10時30分から

場所
大田区役所本庁舎5階 庁議室(大田区蒲田5-13-14)

1 概要
令和元年9月24日から29日にインド・バンガロールで開催された「FIBA 女子アジアカップ 2019」において日本代表チームは大会4連覇を果たしました。
大田区をホームタウンとする東京羽田ヴィッキーズ所属の本橋菜子選手は、日本代表として大会に出場、日本の優勝に大きく貢献し、大会MVPとオールスターファイブに輝きました。
その受賞報告のため本日、松原忠義大田区長を表敬訪問しました。来年のオリンピックで女子バスケットボールは開催国枠で出場が決まっています。
松原区長は「来年のオリンピックに向け応援しておりますので、活躍を期待しています。」と今後の活躍への期待を述べると、本橋選手は、「アジアカップでの自信を胸に、Wリーグベスト4、そして来年の東京オリンピックで金メダルを取れるよう頑張ります。」と意気込みを語りました。

2 FIBA女子アジアカップと本橋選手の活躍
・FIBA女子アジアカップは、1965年よりほぼ2年ごとに開催される大会。2019の大会は、アジア8か国が出場した。
・日本チームは中国との決勝戦で71対68で勝利した。本橋選手はこの試合で24得点8アシストを上げ、大会MVPを獲得した。日本人のMVP受賞は3人目となる。

問合先
観光・国際都市部 スポーツ推進課長   電話 03-5744-1635

本橋選手と松原忠義大田区長

お問い合わせ

広聴広報課

電話:03-5744-1132
FAX :03-5744-1503
メールによるお問い合わせ