【プレスリリース】【東京2020大会関連】女子走り幅跳び(T11クラス)で東京2020大会出場内定を獲得した髙田千明選手が大田区長を表敬訪問~東京2020大会へ「世界パラ陸上選手権のリベンジを」と思いを語る~

ページ番号:227333082

更新日:2019年12月20日

日時
令和元年12月20日(金曜日)14時15分~14時45分

場所
大田区役所本庁舎5階 区長応接室(蒲田5-13-14)

1 概要
  内 容:区ゆかりのパラリンピアンによる大田区長表敬訪問
出席者:松原忠義(大田区長)
髙田千明(リオ2016大会出場、東京2020大会内定)
髙田裕士(デフリンピック400mハードル日本代表)

2 詳細
  髙田千明選手は今年11月に開催された世界パラ陸上選手権において、女子走り幅跳び(T11クラス)に出場。自身が持つ日本記録を更新して4位に入り、東京2020大会出場内定を獲得しました。表敬訪問には、髙田千明選手の夫でデフリンピック日本代表の髙田裕士選手も参加しました。
  松原忠義大田区長から「区ゆかりアスリートの東京2020大会出場内定第1号であり、大変喜ばしい。東京2020大会では、メダル獲得を目指してがんばって欲しい。」と激励の言葉を送り、記念品の蒲田切子や花束などが贈呈されました
  髙田千明選手は、「今回の世界パラ陸上選手権でメダルを獲得できなかったが、東京2020大会では5m越えの大ジャンプで金メダルを獲得したい。」と力強く抱負を語りました。
  大田区では、区ゆかりの選手である髙田選手の今後の活躍を応援し、東京2020パラリンピックを盛り上げていきます。

問合先
観光・国際都市部 東京オリンピック・パラリンピック推進担当課長 電話:03-5744-1733(直通)  

写真:髙田千明選手(左)、髙田裕士選手(右)と松原区長髙田千明選手(左)、髙田裕士選手(右)と松原区長

お問い合わせ

広聴広報課

電話:03-5744-1132
FAX :03-5744-1503
メールによるお問い合わせ