【プレスリリース】地域連携プログラム「伊勢型紙 和の文様」宮崎正明氏の作品で熊谷恒子記念館を演出

ページ番号:710816408

更新日:2020年1月16日

日時
令和2年3月3日(火曜日)~令和2年3月29日(日曜日)9時から16時30分(入館は16時まで)

場所
大田区立熊谷恒子記念館(大田区南馬込4-5-15)
 
区内で活動する伊勢型紙彫刻士の宮崎正明氏が所蔵する伊勢型紙で、熊谷恒子記念館を演出します。
(内容)
地域連携プログラムは、地域で文化芸術活動をしている方や団体・企業と連携し、大田区の文化芸術を区内外に発信するプログラムです。熊谷恒子記念館では1月4日から、かなの美展「散らしのしくみ 恒子のこころみ」と題し、かな書家熊谷恒子の書をテーマごとに展示しています。この書に併せて、江戸時代に流行した「江戸小紋」と呼ばれる小柄な文様や、季節の動植物を用いた文様などの伊勢型紙の文様を紹介します。

入館料:大人100円、小学生50円、65歳以上、6歳未満は無料
    (大田区立熊谷恒子記念館入館料を含む。)

【関連イベント】
〇かなの美展「散らしのしくみ 恒子のこころみ」
内容:かな書家の熊谷恒子の書をテーマごとに展示します。
日時:令和2年1月4日(土曜日)~4月12日(日曜日)
伊勢型紙《流水に紅葉と桜》

問合先
大田区立熊谷恒子記念館 電話03-3773-0123

画像:伊勢型紙《流水に紅葉と桜伊勢型紙《流水に紅葉と桜

お問い合わせ

広聴広報課

電話:03-5744-1132
FAX :03-5744-1503
メールによるお問い合わせ