【プレスリリース】【東京2020大会成功祈念】ダイバーシティの視点から地域の魅力再発見 12名(8か国)の大使が国際都市の魅力をSNS等で発信

ページ番号:852661201

更新日:2020年10月26日

日時
令和2年10月24日(土曜日)10時45分~17時

場所
大森ふるさとの浜辺公園、大森海苔のふるさと館、羽田イノベーションシティ 他

【内容】
2020年度に「国際都市おおた大使」(愛称:「(注釈1)来~る(クール)大田区大使」)に委嘱された外国籍の大使たちが、区内にある日本初の施設や最先端施設などを巡り、その魅力を国内外に発信する研修を初めて実施しました。
参加した大使は、留学生、大学教授、会社員など、さまざまな分野で活躍しており、それぞれの得意分野・経験を活かして国際交流や観光PRなどの活動をしています。
研修では、「国際都市おおた大使」12名(アメリカ、韓国、シンガポール、タイ、中国、ネパール、ハンガリー、ベトナムの8か国出身)が、国際交流・多文化共生・観光・産業・オリンピック開催機運の醸成といった幅広い分野で活躍するためのスキルを磨きました。
今回の研修視察先は、来年開催予定の2020東京オリンピック・パラリンピックで金メダルをめざすブラジル ビーチバレーチームの事前キャンプ地であり、都内初の常設ビーチバレーコートが整備され聖火リレーのスタート地点となっている大森ふるさとの浜辺公園、日本で初めての海苔の専門博物館である大森海苔のふるさと館や、日本のものづくりの最先端技術が集積する羽田イノベーションシティなどです。大使たちは各施設で写真を撮ったり、それを自分のSNSで発信したりして大田区の魅力を広く伝えました。
 国際都市おおた大使を長年続けている斎藤ルタイティップさん(出身国タイ)は、「コロナの影響でオリンピック開催が出来るか心配していたが、大森ふるさとの浜辺公園のビーチバレーコートに実際に立ってみて、オリンピック・パラリンピックの開催が待ち遠しくなった。」と話していました。今年初めて委嘱されたサボー アティラ ペッカさん(出身国ハンガリー)は、「大田区に最先端技術が集積していると聞いていたけれど、羽田イノベーションシティで自動運転の車に乗るなど、様々な技術があることを知り、びっくりした。今度は、家族を連れてぜひ来たい。区の観光や文化、スポーツ情報などとともに、こうした技術情報もどんどん区内外に発信していきたい!」と述べていました。

(注釈1)「来~る」は、「クール(Cool:かっこいい)」と「来る(大田区に来てね)」をかけています。
【国際都市おおた大使】
区のPRをはじめ、国際交流・多文化共生・観光・文化・スポーツ・産業・教育といった幅広い分野で協力していただくため、大田区在住在勤の一般外国人を区が任命しているものです。
なお、活動の様子は、「国際都市おおた大使」(区公式HP)でご覧いただけます。

問合先
国際都市・多文化共生推進課 電話 03-5744-1227

都内初常設ビーチバレーコート見学の画像
都内初常設ビーチバレーコート見学

注目の羽田イノベーションシティ見学の画像
注目の羽田イノベーションシティ見学

お問い合わせ

広聴広報課

電話:03-5744-1132
FAX :03-5744-1503
メールによるお問い合わせ