【プレスリリース】開館30周年記念展(前期)「熊谷恒子とゆかりの書 かなとの出会い」~熊谷恒子と同時代の人々との交流~

ページ番号:387595999

更新日:2020年11月4日

日時
令和2年11月7日(土曜日)~12月13日(日曜日)午前9時から午後4時30分(入館は午後4時まで)

場所
大田区立熊谷恒子記念館(大田区南馬込4-5-15)

(内容)
大田区立熊谷恒子記念館は、書家・熊谷恒子(1893~1986)が生前住んでいた自宅を改装し、1990年に開館しました。2020年に開館30周年を迎えたため、記念展を開催します。この展覧会では、昭和期に女性のかな書家として活躍した恒子の代表作と、恒子が愛蔵した書や資料を展示し、同時代の人々との交流を振り返ります。
前期の「かなとの出会い」では、東京都美術館や成田山書道美術館が所蔵する恒子の作品や、恒子が大東文化大学に寄贈した書などを特別に展示します。また、大東文化大学の教員として、恒子と同様に書道教育の発展に貢献した松井如流(1900~1988)や青山杉雨(1912~1993)、女性が書家として活躍するのに厳しい時代に、恒子とともに活躍した藤岡保子(1833~1966)や森田竹華(1908~1977)などの作品を紹介します。

 〇ギャラリートーク
11月21日(土曜日)、28日(土曜日)、12月12日(土曜日)
各日午前11時及び午後1時
各回定員10名(先着順)、入館料のみ、事前申込制
申込方法は電話またはFAX(詳細はチラシ・HP)

 〇第1回記念館講座「熊谷恒子と同時代の書家たち」
12月5日(土曜日)午後2時~午後3時30分
新井宿特別出張所 3階会議室
定員50名(定員を超えた場合は、抽選)
申込方法は往復はがきまたはFAX(詳細はチラシ・HP)

【入館料】
大人100円、小学生50円、
65歳以上(要証明)、6歳未満は無料
月曜休館(11月23日(月・祝)は開館し、11月24日(火曜日)に休館します。)

チラシ:チラシ(「熊谷恒子とゆかりの書 かなとの出会い」)チラシ(「熊谷恒子とゆかりの書 かなとの出会い」)

プレスリリース内容に関するお問い合わせ

大田区立熊谷恒子記念館
電話:03-3773-0123

お問い合わせ

 広聴広報課 
 電話:03-5744-1132 
 FAX :03-5744-1503
 メールによるお問い合わせ