【プレスリリース】開館30周年記念展(後期)「熊谷恒子とゆかりの書 道ひとすじ」~熊谷恒子と同時代の人々との交流~

ページ番号:115596454

更新日:2020年12月11日

日時
令和2年12月26日(土曜日)~令和3年4月4日(日曜日)
午前9時から午後4時30分(入館は午後4時まで)

場所
大田区立熊谷恒子記念館(大田区南馬込4-5-15)

(内容)
大田区立熊谷恒子記念館は、書家・熊谷恒子(くまがいつねこ 1893~1986)が生前住んでいた自宅を改装し、1990年に開館しました。2020年に開館30周年を迎えたため、記念展を開催します。この展覧会では、昭和期に女性のかな書家として活躍した恒子の代表作と、恒子が愛蔵した書や資料を展示し、同時代の人々との交流を振り返ります。
後期の「道ひとすじ」では、1976年に83歳で初の個展を東京日本橋の髙島屋で開催した際の作品や、1982年に亡き夫・幸四郎(こうしろう)が勤めた鳩居堂画廊の開業記念として、89歳で開催した卒寿展の出品作等を展示します。また、祖父・江馬天江(えまてんこう)や兄・江馬務(えまつとむ)の書、二人の師・尾上柴舟(おのえさいしゅう)、岡山高蔭(おかやまたかかげ)などの作品を紹介します。
【入館料】
大人100円、小中学生50円、
65歳以上(要証明)、6歳未満は無料

 【休館日】
年末年始(12月28日(月曜日)~翌1月4日(月曜日))
毎週月曜(1月11日(月・祝)は開館し、
1月12日(火曜日)に休館します。)

 〇ギャラリートーク
日時:1月16日(土曜日)、2月27日(土曜日)、3月27日(土曜日)
各日11:00~、13:00~
申込:事前申込制(各回定員10名、先着順)
参加費:入館料のみ 対象:どなたでも
お申込については大田区立龍子記念館(03-3772-0680)へお問合せください。

画像:チラシチラシ

プレスリリース内容に関するお問い合わせ

大田区立熊谷恒子記念館
電話:03-3773-0123

お問い合わせ

 広聴広報課 
 電話:03-5744-1132 
 FAX :03-5744-1503
 メールによるお問い合わせ