【大会結果】第25回関東パラ陸上競技選手権大会が開催されました!

ページ番号:720492056

更新日:2021年3月1日

11月7日(土曜日)、8日(日曜日)に第25回関東パラ陸上競技選手権大会が東京都多摩市で開催されました。大会には、区出身の髙田千明選手と若生裕太選手が出場し、好成績を収めました。本大会は、東京2020大会の出場権獲得の基準となる世界ランキング対象の大会です。

髙田千明選手は、走幅跳、100mで優勝し、若生裕太選手は、自身の持つ日本記録を更新しての優勝となりました。
(注釈)髙田千明選手は既に走幅跳で、東京2020大会出場が内定しています。

詳しい、大会の結果は、以下の通りになります。

☆大会概要☆

(1)日程
 令和2年11月7日(土曜日)、8日(日曜日)

(2)会場
 東京都多摩市「国士舘大学多摩キャンパス陸上競技場」

☆結果☆

(1)髙田千明選手
 ◇走幅跳(T11クラス) 優勝 4m41
 ◇100m(T11クラス) 優勝 14秒16

選手紹介はこちら 【アスリート紹介】髙田千明選手(パラ走幅跳・100m)

競技紹介はこちら 【パラリンピック競技紹介】走幅跳

(2)若生裕太選手
 ◇やり投げ(F12クラス) 優勝 58m40(大会記録・日本記録更新)

選手紹介はこちら 【アスリート紹介】若生雄太選手(パラ陸上やり投げ)

競技紹介はこちら 【パラリンピック競技紹介】やり投げ