【アスリート紹介】古山稀絵選手(自転車トラック)

ページ番号:602449053

更新日:2021年3月1日

古山 稀絵(ふるやま きえ)選手 自転車競技(トラック)

プロフィール


生年月日:1997年7月21日
区との関わり:大田区出身(相生小学校、御園中学校卒)
所属:日本体育大学 大学院生

2017年ワールドカップで日本女子チームパシュート史上初のメダル獲得に貢献。2020年のアジア選手権でもスクラッチ競技で優勝!持ち前の粘り強さを武器に世界に挑みます!

主な成績

2020年 第89回全日本自転車競技選手権大会
 ポイントレース 2位 / 個人パシュート 2位 / マディソン 2位 / チームパシュート 大会新記録(出場1チーム)
2020年 アジア選手権トラック2020 エリートスクラッチ 優勝
2019年 アジア自転車競技選手権大会 マディソン 優勝
2018年 アジア自転車競技選手権大会 チームパシュート 優勝(日本記録・アジア記録更新)
2017年 2017-2018UCIトラックワールドカップ第4戦 銅メダル
2017年 2017-2018UCIトラックワールドカップ第2戦 銅メダル

大田区の皆さんへひとこと

いつも応援ありがとうございます!コロナウイルス感染拡大により、様々な行動が制限されている今日この頃ですが、皆様が健康であることを祈っております。
この度、2021年に開催される東京オリンピック競技大会自転車競技の日本代表補欠として選出されることになりました。目の前にあった夢の舞台に立つチケットを逃してしまったことは非常に悔しいですが、ここまで近づくことができたのは、家族をはじめ、沢山の支えのおかげです。いつオリンピックに出場することになっても万全の状態で迎えられるよう、日々練習に励みたいと思います。今後も応援をよろしくお願いします!!