ブラジルを知ろう!

ページ番号:849045471

更新日:2021年3月3日

ブラジルってどんな国だろう?
はねぴょんと一緒にブラジルのことを知ってみよう!

基本データ

国名 ブラジル連邦共和国
首都 ブラジリア
人口 約2億1,105万人(世界第5位)
面積 約851万6,000平方キロメートル(世界第5位)
公用語 ポルトガル語

地理

面積
 約851万6,000平方キロメートルと南米最大で、日本の約22.5倍の広さがあり、ロシア、カナダ、中国、アメリカについで世界第5位の広さを誇ります。

イグアスの滝

 アルゼンチンとの国境に、ナイアガラの滝(北米)、ヴィクトリアの滝(アフリカ)と並ぶ「世界三大瀑布」の1つ、「イグアスの滝」 があります。

 イグアスとは、先住民の言葉で「大いなる水」という意味があるそうです。

あいさつ

Tudo bem? (トゥドゥベイン) 調子はどう?
Bom dia (ボンジーア) おはよう
Boa tarde (ボアタルヂ) こんにちは
Muito prazer (ムイントプラゼール) お会いできて光栄です。
Tchau/Chau (チャウ) またね
Boa sorte (ボア・ソルチ) 頑張って

食べ物

フェイジョアーダ
 昔、アフリカから来た人々が、豚の皮や耳、臓物など誰も使わない部位の肉を塩漬けにしておき、フェイジョンという黒豆と一緒に長時間煮込んで食べた料理がルーツといわれています。
 栄養があり美味しいということでブラジルの国民食として普及し、現在では多くのレストランでランチタイムに食べられています。
 こってりと煮込まれたフェイジョアーダは、ご飯や炒めたケールをスライスしたオレンジなどと一緒に食べます。

シュハスコ(シュラスコ)
 誕生日のお祝いや、週末に仲間が集まった時によく食べられます。塩をまぶした肉のかたまりを串に刺して、炭火で焼くブラジル風バーベキューです。焼けたところをナイフで切り落として食べます。ブラジル南部のガウチョと呼ばれるカウボーイが考えた料理だけに、食べ方も豪快です。

祭り・行事

カーニバル
 「謝肉祭(しゃにくさい)」と呼ばれるカトリックのお祭りで、肉食が禁じられる四旬節の前(2月か3月)に、3日ないし一週間にわたって行われます。
 ブラジル各地でカーニバルが行われますが、中でも有名なのが、華やかに飾り付けをした山車などが大通りを行進するリオデジャネイロの「リオのカーニバル」です。

スポーツ

サッカー
 ブラジルで最も人気の高いスポーツといえばサッカーです。ワールドカップなどの世界大会では数多くの優勝回数を誇り、サッカーの大きな試合がある日は観戦のために町から人がいなくなるといわれるほど、大人も子どもも夢中になります。サッカー選手は子どもたちの憧れの存在で、プロ選手を夢見る子どもも多いといいます。

カポエイラ
 楽器の伴奏に合わせて体を回転させながら足技などを披露するスポーツです。ブラジルで奴隷の護身術から生まれたとされており、いまではプロとして活躍している人たちもいる人気のスポーツです。

学校生活

 ブラジルの学校教育は、日本の小学校と中学校にあたる「基礎教育」が9年間、高校にあたる「中等教育」が3年間あります。授業は平日の半日だけで、学校によっては、午前の部か午後の部かを選ぶことができます。
 南半球にあるブラジルは日本と季節が逆なので、新学期は2月に始まり、12月に終わります。12月から1月が夏休み、7月が冬休みになります。