ホストタウン フレーム切手の贈呈式を行いました!

ページ番号:743531391

更新日:2021年6月25日

大田区は、バレーボール、ビーチバレーボール、ハンドボールをはじめ6競技の事前キャンプを受け入れます。その縁を記念し、日本郵便株式会社東京支社と連携し、「大田区×ブラジル連邦共和国 ホストタウン フレーム切手」を作成しました。

6月1日より、区内郵便局等でホストタウン フレーム切手が販売されています。これに併せ、同日、日本郵便株式会社東京支社から大田区に、ホストタウン フレーム切手が贈呈されました。

日本郵便の「ぽすくま」と、大田区の「はねぴょん」も立ち合いました。

松原区長は、「この切手を多くの区民にご覧いただき、スポーツを通じてつながった大田区とブラジルが、切手という形で残ることが非常に喜ばしい」と感謝の言葉を伝えました。

大田区とブラジルの特徴的な行事や観光地などの魅力が詰まったデザインです。詳しくは、【販売開始】オリジナル フレーム切手 「大田区×ブラジル連邦共和国 ホストタウン フレーム切手」作成のページをご覧ください。(「フレーム切手」は、日本郵便株式会社の登録商標です。)