社会教育関係団体のご案内

ページ番号:490729164

更新日:2022年6月24日

社会教育関係団体とは

 大田区では区民のみなさんが学習、文化、スポーツ、ボランティアなどの活動を通して自己実現を図り、また、その活動が地域文化の向上やスポーツの振興につながるよう、社会教育に関する活動を行うことを主な目的とし、自主的な運営を行う団体を「社会教育関係団体」として地域力推進課に登録をする制度を設けています。

社会教育に関する活動とは

 技術の習得や教養を高めたり、生活を充実させたり、地域をより良くしたりするために行われる学習、文化、スポーツなどの活動のことです。
【活動例】

  • 学習活動(話し合い、ワークショップ、講演、講習など)
  • スポーツやレクリエーション活動(各種スポーツ、野外活動など)
  • 文化、芸術、芸能活動(料理、園芸、手芸、写真、パソコン、演劇、音楽、絵画など)
  • ボランティア活動(子どもや高齢者に関わるボランティア、まちづくりのボランティアなど)

大田区が応援する社会教育関係団体とは

 学習・文化・スポーツなどの活動を行う人たちが自ら進んでつくり、会員同士で話し合って活動を進める団体です。
 また、入会希望者を受け入れたり、活動の成果を発表するなど、地域に活動を広める団体です。これにより、地域との絆が強まり、人と人との交流が生まれます。

登録の要件

(1)国又は地方公共団体の支配に属さない団体
(2)社会教育に関する事業を主たる目的とする団体で、次の行為をしないもの
   ア 営利を目的とする活動
   イ 特定の政党その他政治団体の利害に関すること
   ウ 公の選挙に関し特定の候補者を支持し、又はこれに反対すること
   エ 特定の宗教若しくは特定の教派、宗派、教団を支持し、又はこれに反対すること
   オ  その他公序良俗に反すること
(3)次の要件を備えている団体
   ア 団体の意思を表明する代表者があり、組織が確立していること
   イ 団体としての規約(会則)があること
   ウ 会の運営経費を平等に負担し、明朗に会計報告がなされていること
   エ 団体の構成員が5名以上であること
   オ 構成員の半数以上が大田区在住、在勤、また又は在学であること
   カ 15歳以下の者が3分の2以上を占める団体は、成人の育成者又は指導者がいること
   キ 広く一般に入会の機会を設けていること
   ク 会員自ら運営、活動する(講師主導ではない)

登録をすると

・団体の活動内容や連絡先などの情報は、サークルやボランティアを探している区民の方に公開します。
・登録団体が日頃の成果を活かし開催する講座のサポートやサークルを探している方への紹介等の支援を行っています。

少年育成団体について

 社会教育関係団体の要件を満たす団体のうち、次の団体は少年育成団体としての登録ができます。
(1)団体活動が少年の健全育成を目的としていること
(2)指導者及び世話人を除く構成員がすべて小中学生であること
(3)団体の活動・運営を支援する指導員・役員・世話人などが主体で、講師主導でないこと 
(4) 支援者に対し団体から謝礼・報酬等が支払われていないこと

詳しくはこちらをご覧ください。
少年育成団体のご案内

登録申請

このホームページからダウンロードしてください。また、地域力推進課窓口にて配布しています。
登録にあたっては「登録のしおり」をよくお読みください。
申請に基づいて要件の確認を行い承認した団体には、「社会教育関係団体登録証」を交付します。

(1)社会教育関係団体登録申請書(第1号様式)
(2)会員名簿(第2号様式、第2号の2様式、第2号の3様式、第2号の4様式)
  名簿をパソコン等で作成する場合は、様式で定められた項目をすべて記載してください。
(3)団体の規約(会則)
  規約(会則)には様式はありません。「登録のしおり」を参考に各団体で作成してください。

変更・再発行・取下申請

変更・再発行・取下申請の手続きは、平日午前9時から午後5時まで承ります。なお、正午から午後1時の間は、変更・再発行の登録証即時発行はできませんので、お急ぎの方はそれ以外の時間に窓口にお越しくださいますようお願いいたします。

変更

登録内容に変更があったときは、登録証を添えて変更の申請をしてください。団体名を変更するときは変更後の規約・会則、代表者を変更するときは変更後の会員(役員・連絡員)名簿を添えてください。

再発行

登録証を紛失・破損したときは、再発行の申請をしてください。

取下(解散)

団体が解散したときは、登録証を添えて取下書を提出してください。

更新

 社会教育関係団体の登録には有効期限があり、2年に一度すべての団体に一斉に更新をお願いしています。「登録のしおり」や「特に注意していただきたいこと」をよく読み、更新の手続きを行ってください。

【社会教育関係団体の更新手続きについて】
有効期限が令和4年6月30日の社会教育関係団体の更新は、更新書類が届きましたらお手続きください。
(令和4年6月30日有効期限の社会教育関係団体登録証は、令和5年10月31日まで有効期限を延長しております。)
(1)社会教育関係団体更新書類の送付時期  令和5年6月中旬
(2)社会教育関係団体更新書類の提出期限  令和5年9月下旬
(3)新しい社会教育関係団体登録証の送付時期  令和5年10月中旬

更新時には以下の書類が必要になります。(令和2年度更新時)
(1)社会教育関係団体更新申請書 提出確認書
(2)社会教育関係団体更新申請書(第5号様式)
(3)会員(役員、連絡員)名簿(第2号様式)
(4)会員(大田区在住・在勤・在学者)名簿(第2号の2様式)
(5)会員(大田区外)名簿(第2号の3様式)
(6)会員集約表(第2号の4様式)
  名簿をパソコン等で作成する場合は、様式で定められた項目をすべて記載してください。
(7)社会教育関係団体 活動調査書
(8)社会教育関係団体内容確認 チェックシート
(9)事業報告書(用意できる直近一年分)
(10)会計報告書(用意できる直近一年分)
(11)規約・会則(前回申請時から変更がある場合のみ)
(12)登録証送付用封筒(長3封筒)

 社会教育関係団体の更新でよくある質問はこちらになります。

団体紹介カード

 団体の情報をより詳しく区民のみなさんに知っていただくため、団体紹介カードを提出していただいています。提出は任意ですが、入会を希望する方や合同で催しを企画したい方、ボランティアを探している方などに団体の活動状況を知らせることができます。地域力推進課の窓口で閲覧できます。また、個人情報を除き大田区ホームページで公開しています。

受付場所

 地域力推進課 区民協働・生涯学習担当 (大田区役所6階 27番窓口 平日午前9時から午後5時まで)
 申請は、郵送でも受け付けています。申請内容についてお問い合わせをさせていただくことがありますので、日中ご連絡が可能なお電話番号を明記願います。

関連リンク

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader のダウンロードへ

Get Adobe Acrobat Reader

お問い合わせ

地域力推進課

区民協働・生涯学習担当
電話:03-5744-1443
FAX :03-5744-1518
届出可能な団体かヒアリングが必要なため、お問い合わせは電話でお願いします。