社会教育関係団体の更新でよくある質問

ページ番号:660599169

更新日:2022年2月21日

社会教育関係団体の更新ついて

社会教育関係団体の更新は、2年に一度すべての社会教育関係団体が行っています。こちらでは社会教育関係団体の更新においてよくある質問と回答を記載しますので、ご参照ください。

社会教育関係団体 全般

社会教育関係団体の更新に必要な書類は何ですか。

以下のとおりです。
(1)社会教育関係団体更新申請書 提出確認書 
(2)社会教育関係団体更新申請書 
(3)会員(役員、連絡員)名簿 
(4)会員(大田区在住・在勤・在学者)名簿 
(5)会員(大田区外)名簿 
(6)会員名簿集約表 
(7)社会教育関係団体 活動調査書 
(8)社会教育関係団体内容確認 チェックシート 
(9)事業報告書 
(10)会計報告書 
(11)規約(会則)(前回申請時から変更があった場合のみ) 
(12)社会教育関係団体紹介カード(任意)
(注釈1)少年育成団体の更新は、事業計画書、予算書が必要になります。

提出はどのようにすればいいですか。

以下の方法がありますが、感染症拡大防止のため、(1)での提出にご協力をお願いいたします。
(1)郵送
(2)地域力推進課窓口(大田区役所6階28番窓口)

社会教育関係団体更新申請書

登録番号はどこを見ればわかりますか。

社会教育関係団体登録証(青いカード)の登録番号(7ケタの番号)です。

団体所在地はどこの住所を記載しますか。

団体規約・会則で定めている住所です。こちらの住所へ区からのお知らせをお送りします。

区外在住者が代表者になれますか。

区外在住者の方が代表者になることは可能です。
ただし、会員の半数以上が大田区在住、在勤、在学である必要があります。

連絡員を記載する必要がありますか。

入会希望等の問合せに代表者が連絡を取りにくい場合は、連絡員を記入してください。

活動レベルは何を基準としますか。

基準はありませんので、各団体で判断いただき、記入をお願いいたします。

社会教育関係団体紹介カードの提出は必要ですか。

社会教育関係団体紹介カードの提出は任意です。
提出いただいた団体は、大田区HPや区民からの問い合わせ、生涯学習相談会等で紹介します。

規約・会則の提出は必要ですか。

前回の申請時に提出いただいた規約・会則から変更がある場合は、提出してください。
社会教育関係団体更新申請書の入会金、会費欄の記載事項と規約・会則の入会金、会費の金額が異なる場合は提出が必要となります。

会員名簿、会員名簿集約表

会員名簿は団体既存の名簿を提出してもいいですか。

様式で定められた項目が、すべて記載さえている場合は、団体の既存の名簿を提出いただいても結構です。

会員の住所がわかりません。

登録の要件で会員の半数以上が大田区在住・在勤・在学であることを定めているため、正確な住所の記載をお願いいたします。

役職は何を記入すればいいですか。

規約・会則で定めた役職(会長、副会長、会計等)を記入してください。

講師・指導者が不在の場合はどのようにすればよいですか。

講師・指導者が不在の場合は空欄でご提出ください。

講師・指導者は会員や代表者になれますか。

謝礼をもらっている講師・指導者は、会員や代表者になることはできません。

事業報告書・会計報告書

いつの事業報告書・会計報告書を提出すればいいですか。

会員の了承を得ている最新の1年間の活動がわかるものを提出してください。

毎回、その都度会計を行っている場合は、どのように記載すればよいですか。

その都度の収入と支出を合計していただき、それぞれ収入欄及び支出欄に記入してください。

お問い合わせ

地域力推進課区民協働・生涯学習担当

電話:03-5744-1443
FAX :03-5744-1518