商店街チャレンジ戦略支援事業補助金 【都・区】

ページ番号:773555845

更新日:2022年4月13日

【4月12日更新】 令和4年度の追加申請受付について

商店街チャレンジ戦略支援事業及び地域連携型商店街事業について、
新型コロナウイルス感染症の収束時期の見通しが立たず、多くの商店街において、
イベント等企画が困難な状況を鑑み、交付申請を追加で受け付けることとなりました。
事業実施時期の見直し感染症対策を行う内容への変更等が可能ですので、本機会を積極的に捉え、
地域のにぎわい創出へご活用いただけますと幸いです。
詳細は、区内全商店会へ郵送した説明資料(抜粋)をご確認ください。以下よりダウンロードできます。

補助メニューについて

商店街チャレンジ戦略支援事業は、東京都と大田区による合同補助事業です。
令和4年度は以下の補助メニューがあります。
・イベント事業
・イベント 若手・女性支援事業  【新規】
・活性化事業
・活性化事業―多言語対応事業
・活性化事業―キャッシュレス対応事業

詳しい案内、マニュアル及び申請等様式はこちらのページをご覧ください。

補助対象経費の拡充について

イベントの活性化や販売戦略への活用など、幅広い商店街活動に資する人流データの購入やアンケート調査等に要する費用を、
令和4年度より補助対象とします。
詳しくは以下の説明資料をご確認ください。

イベント事業

商店街が主体的に実施し地域の賑わいを生み、商店街の活性化が期待できるイベント事業の経費の一部を
補助します。

補助内容
商店街種別 法人商店街 任意商店街 新規法人化商店街
補助限度額 600万円 600万円 600万円
補助率 2/3 2/3 2/3
利用回数 2回 2回 3回


(注釈1)業種団体とみなされるもの及び区全域を対象区域としている団体は除きます。
(注釈2)新規法人化商店街は、法人化当該年度または翌年度から3か年の間が該当します。
(注釈3)共催で実施する場合は、別途1回事業を行うことができるほか、補助限度額が1,200万円となります。

補助対象経費はイベント実施に伴う周知費、会場設営費、景品購入費、記念品購入費、出演料等です。
ただし、チラシ・ポスター等の作成のみを実施する事業は補助の対象外です。

申請方法

次の書類を、令和4年3月3日(木曜日)までに、大田区商店街連合会へ提出してください。
 ・商店街チャレンジ戦略支援事業補助金交付申請書
 ・別紙1(事業の内容)
 ・別紙2(事業経費別明細)

イベント 若手・女性支援事業  【新規】

令和4年度に新設された補助メニューです。

イベント事業で商店街の若手・女性が行うイベントについて、補助率を拡充します。

また、イベント回数は既存イベント事業に加え、別途1回実施可能です。

事業内容は通常のチャレンジ戦略事業(イベント)の範囲内とします。
本事業特有の要件等もありますのでご注意ください。

令和4年度の交付申請は、令和4年7月15日(金曜日)までに、大田区商店街連合会へ提出してください。
事業実施可能時期は令和4年9月1日(木)~令和5年3月31日(金)です
9月1日より前に発注、契約、支出した経費は対象外となりますのでご注意ください。
交付申請書は以下のよりダウンロードできます。

詳しい説明は、以下の説明資料をご確認ください。

実績報告書の提出について

事業終了後、次の書類を大田区商店街連合会へ提出してください。
 ・商店街チャレンジ戦略支援事業実績報告書
 ・別紙1(事業内容)
 ・別紙2(事業経費別明細)
 ・その他領収書等添付資料

活性化事業

商店街が主体的に実施し地域の賑わいを生み、商店街の活性化が期待できる施設整備等の事業の経費の一部を
補助します。
対象となる補助事業の詳細は産業振興課にお問合せください。

補助内容
  法人商店街 任意商店街 新規法人化商店街
補助限度額 1億円 2,000万円 1億2,500万円
補助率 2/3 2/3 5/6
利用可能回数 1回 1回 1回

(注釈1)1業種団体とみなされるもの及び区全域を対象区域としている団体は除きます。また、商業ビルや地下街における商店街については、原則として活性化事業の対象外です。

(注釈2)2新規法人化商店街は、法人化当該年度又は翌年度が該当します。 

申請方法

次の書類を、令和4年3月3日(木曜日)までに、大田区商店街連合会へ提出してください。
 ・商店街チャレンジ戦略支援事業補助金交付申請書
 ・別紙1(事業の内容)
 ・別紙2(事業経費別明細)
 ・見積書等(100万円を超える契約の場合)

実績報告の提出について

事業終了後、次の書類を大田区商店街連合会へ提出してください。
 ・商店街チャレンジ戦略支援事業補助金実績報告書
 ・別紙1(事業内容)
 ・別紙2(事業経費別明細)
 ・その他領収書等添付資料

活性化事業-多言語対応事業

多言語による情報提供等外国人受入のため環境を整備することで、商店街での地域の役割を高め、商店街の
活性化を図る取組についてその経費の一部を補助します。

補助内容
  法人商店街 任意商店街 新規法人化商店街
補助限度額 833万円 833万円 833万円
補助率 5/6 5/6 5/6
利用可能回数 1回 1回 1回

申請方法

次の書類を、令和4年3月3日(木曜日)までに、大田区商店街連合会へ提出してください。
 ・商店街チャレンジ戦略支援事業補助金交付申請書
 ・別紙1(事業の内容)
 ・別紙2(事業経費別明細)
 ・見積書等(100万円を超える契約の場合)

実績報告の提出について

事業終了後、次の書類を大田区商店街連合会へ提出してください。
 ・商店街チャレンジ戦略支援事業補助金実績報告書
 ・別紙1(事業内容)
 ・別紙2(事業経費別明細)
 ・その他領収書等添付資料

活性化事業-キャッシュレス対応事業

活性化事業のうちキャッシュレス機器の導入等にかかる事業は、下表のとおり補助率が上乗せとなります。
補助対象となる事業の詳細は、産業振興課までお問合せください。

補助内容一覧表
  法人商店街 任意商店街 新規法人化商店街
補助限度額 8,333万円 1,666万円 1億2,500万円
補助率 5/6 5/6 5/6
利用可能回数 1回 1回 1回

申請方法

次の書類を、令和4年3月3日(木曜日)までに、大田区商店街連合会へ提出してください。
 ・商店街チャレンジ戦略支援事業補助金交付申請書
 ・別紙1(事業の内容)
 ・別紙2(事業経費別明細)
 ・見積書等(100万円を超える契約の場合)

実績報告の提出について

事業終了後、次の書類を大田区商店街連合会へ提出してください。
 ・商店街チャレンジ戦略支援事業補助金実績報告書
 ・別紙1(事業内容)
 ・別紙2(事業経費別明細)
 ・その他領収書等添付資料

事業内容を変更するとき

交付決定を受けた事業内容を変更する場合は、大田区商店街チャレンジ戦略支援事業変更等承認申請書
を提出し、承認を受けてください。
大幅な変更は承認されないことがあります。
変更する前に必ず、産業振興課または大田区商店街連合会へご相談ください。

申請書・実績報告書・変更等承認申請書の様式はこちらから

様式集の中から、大田区商店街チャレンジ戦略支援事業補助金にかかる様式をダウンロードして使用して
ください。
なお、様式集は例年2月頃に全商店会へ郵送でも配付しています。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader のダウンロードへ

Get Adobe Acrobat Reader

お問い合わせ

産業振興課

大田区南蒲田一丁目20番20号 大田区産業プラザPiO
電話:03-5744-1373
FAX :03-6424-8233
メールによるお問い合わせ