令和4年度実施 地域力応援基金助成事業(チャレンジ助成・チャレンジプラス助成)の募集について

ページ番号:971466358

更新日:2021年10月11日

 区は、区民や事業者からいただいた寄付金を原資とした「地域力応援基金」を活用し、区民活動団体を支援する助成事業を実施しています。
 令和4年度実施チャレンジ助成事業及びチャレンジプラス助成事業の募集を10月14日(木曜日)から行います。
 本助成事業を団体活動の充実にご活用ください。
 
助成内容
 区民を対象として公益性が認められ、区民参加により広く社会貢献につながる非営利事業に対して、助成金を交付します。
○チャレンジ助成   新たな地域課題や新規事業へのチャレンジを支援
○チャレンジプラス助成  チャレンジ助成に該当し、かつ以下の区の提示するテーマ取り組む事業への支援

令和4年度チャレンジプラス助成テーマ
「自転車活用推進事業」
 平成29年に「自転車活用推進法」が施行され、区では従前から継続する自転車利用環境向上の取組み(とめる・はしる・まもる)に自転車活用(たのしむ)の取組みを加えた「大田区自転車等総合計画」を令和4年3月に策定予定である。今後、計画の新たな施策となる「健康」と「観光」の視点で、地域における自転車活用の促進につながる事業を募集する。
「ICTリテラシー向上のための地域支援事業」
デジタル化の進展や新型コロナウイルスの感染拡大により、これまでの人が集まることを前提とした地域づくりが困難となり、区民活動のようにコミュニケーションを主体として築いてきた活動に多大な影響をもたらしている。情報格差の拡大を防ぐとともに、ポストコロナ時代を見据えた地域活動の継続のため、地域におけるICTリテラシー向上に向けた事業を募集する。
「子ども・若者のための居場所支援事業」
 区では、「大田区子ども・若者計画」において、居場所を通じた子ども・若者に対する支援体制の強化を重点事業の一つとしている。概ね16歳~39歳までの困難を有する子ども・若者を対象とした居場所支援を展開し、交流体験や地域参加を通じた社会的自立への支援を行う事業を募集する。

助成対象
(1)大田区民活動情報サイト(オーちゃんネット)に登録している団体 ◆登録は申請と同時でも可能
(2)区内での活動実績があり、設立からおおむね6年以上経過している団体
(3)既存助成事業終了または新規助成制度における事業実施終了から2年以上が経過している団体

注意:ただし、下記の項目に該当するときは申請できません。
(1)事業実施年度において、他の助成制度から同一年度に申請事業と同一の事業、または同一の事業と判断できる事業で助成を受けるとき、及び受けることを決定しているとき。
(2)この助成事業に、同一団体が同一年度中に複数の事業で申請しようとしているとき。
◆その他はお問い合わせください

助成金額
○チャレンジ助成 上限200万円まで
○チャレンジプラス助成 上限250万円まで

申請方法
区役所本庁舎6階27番窓口区民協働・生涯学習担当にて申請を受け付けます(郵送、メール等不可)。
◆募集説明会への参加は助成金申込みの要件としておりません。
  ただし、必要な情報や申請書の書き方のポイントなどをお伝えするため、可能な限りご参加ください。
  申請書に不備がある場合や添付書類不足・不備がある場合は受理できません。
◆締め切り間近は毎年込み合いますので、お早めにご相談いただけるとスムーズ手続きが行えます。

募集説明会
 詳細はこちらです。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader のダウンロードへ

Get Adobe Acrobat Reader

お問い合わせ