住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金のご案内

ページ番号:894089899

更新日:2022年6月2日

国による「新型コロナウィルス感染症対応地方創生臨時交付金(コロナ禍における原油価格・物価高騰対応)」が創設され、令和4年度非課税世帯等への給付が行われることが決定しました。対象となる可能性のある世帯に対して、確認書を送付する準備を進めております。詳細が決まり次第、当ホームページの情報を更新いたします。


新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中、速やかに生活・暮らしの支援を受けられるよう、住民税非課税世帯等に対して臨時特別給付金事業を実施しています。

支給対象(いずれかに該当する世帯)

住民税非課税世帯

令和3年12月10日(基準日)において、世帯全員の令和3年度分の住民税均等割が非課税である世帯
(住民税が課税されている方の扶養親族等のみからなる世帯を除きます。)
(生活保護を受給されている世帯を含みます。)

家計急変世帯

住民税非課税世帯以外で、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、令和3年1月以降に家計が急変し、世帯全員が住民税非課税相当となった世帯

支給額

1世帯当たり10万円(1回限り)

支給のスケジュール

住民税非課税世帯

対象となる世帯には、大田区から「住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金支給要件確認書」(以下、「確認書」)を郵送しています。
「確認書」は、令和3年12月10日(基準日)において、住民基本台帳に記録されている住所宛てに送付しています。

【世帯全員が、令和3年1月1日以前から大田区にお住まいの場合 】

  • 「確認書」を令和4年1月25日(火曜日)より順次発送しています。

令和4年1月25日(火曜日)発送分の受付は、令和4年4月25日(月曜日)を以て終了しました(当日消印有効)。

【世帯の中に、令和3年1月2日以降に転入した方がいる場合 】

  • 「確認書」を令和4年2月16日(水曜日)より順次発送しています。

令和4年2月16日(水曜日)発送分の受付は、令和4年5月16日(月曜日)を以て終了しました(当日消印有効)。

家計急変世帯

令和4年6月1日以降の申請については令和4年1月以降の家計急変分の受付のみとなります(令和3年中の非課税相当世帯については、別途令和4年度非課税世帯等への給付として確認書を送付予定です)。
現在、申請書の新様式(令和4年度用)の準備を進めております。 準備ができ次第、当ホームページでお知らせいたします。

支給の流れと支給時期について

「確認書」、「申請書」、添付書類等を区で受領したのち、到着順に書類の不備等を確認します。

  • 審査が完了し、支給を決定した方には、「支給のお知らせ」を送付します。
  • 書類の不備等があった方には、電話または文書にてご連絡します。

書類の不備等がない場合は、書類を受領した日からおおよそ1か月を目途に振込手続きを行う予定です。

生活保護世帯について

令和3年度分の住民税が課税であっても、令和3年12月10日(基準日)時点で生活保護受給中であれば、原則として支給の対象となります。
(ただし、世帯の全員が他の親族等の扶養を受けている等の理由で、支給対象外となる場合もありますので、ご注意ください。)
なお、本給付は、生活保護の制度上、収入として認定されません。

<申請方法>
該当となる方は、大田区臨時特別給付金(住民税非課税世帯等)コールセンター(0120-435-280)までご連絡ください。

<申請期限>
令和4年9月30日(金曜日) 当日消印有効

配偶者などからの暴力(DV)を理由に避難されている方

配偶者などからの暴力を理由に避難しており、住民票の異動手続きが困難な方は、所定の手続きをしていただくことで、避難先(大田区)から給付金を受け取ることができます。対象となる要件や必要書類などについては、大田区臨時特別給付金(住民税非課税世帯等)コールセンター(0120-435-280)へお問い合わせください。

音声版・点訳版の貸出について

「住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金のご案内」の点字版、音声版(CD)は、貸出用として、以下の窓口にてご用意があります。

  • 障がい者総合サポートセンター(さぽーとぴあ) (中央4-30-11)
  • 福祉管理課 (蒲田5-13-14 本庁舎8階)
  • 障害福祉課 (蒲田5-13-14 本庁舎1階) 
  • 大森地域福祉課 (大森西1-12-11 大森地域庁舎2階)
  • 調布地域福祉課 (雪谷大塚町4-6 調布地域庁舎3階)
  • 蒲田調布地域福祉課 (蒲田本庁2-1-1 蒲田地域庁舎3階)
  • 糀谷・羽田地域福祉課 (東糀谷1-21-15 糀谷・羽田地域庁舎2階)

よくいただくお問い合わせ

質問と回答
ご質問ご回答

住民税非課税世帯向けの給付、及び家計急変世帯への給付について、それぞれの支給要件を満たす場合は、複数回支給を受けることができますか。

いずれかの給付を受けた世帯は、給付金の区分に関わらず、原則として、再度支給を受けることはできません。
住民税均等割が課されている方の 扶養親族等のみで構成される世帯とはどのようなものでしょうか?

例えば、別居している親(課税者)に扶養されている学生の一人暮らしや、子ども(課税者)に扶養されている高齢者夫婦の世帯などがあげられます。また、別住所にて単身赴任している夫(課税者)に扶養されている妻と子のみの世帯も該当します。

令和3年度の住民税非課税世帯とありますが、いつの収入が対象となりますか?令和2年1月1日から令和2年12月31日の収入です。

私の世帯は住民税非課税だが、「確認書」が届かないのはなぜですか?

【対象ではない可能性】
住民税が課税されている他の親族等の扶養を受けている可能性がありますので、いま一度ご確認ください。
---------------------------------------------------------
【宛先不明で戻っている可能性】
宛先不明で確認書が送付元に戻っている可能性があります。再発送または再発行の手続きをいたしますので、大田区臨時特別給付金(住民税非課税世帯等)コールセンター(0120-435-280)までご連絡ください。

「確認書」・「申請書」を書き間違えてしまった場合は、どうすればよいですか?

二重線で訂正して、書き直してください。

「確認書」・「申請書」の書き方がわからない場合は、どうすればよいですか?

大田区臨時特別給付金(住民税非課税世帯等)コールセンター(0120-435-280)までご連絡ください。

基準日(令和3年12月10日)以降に世帯主が死亡した場合は、どのような取り扱いになりますか?

(1)「確認書」の返送・申請を行うことなく亡くなられた場合
【他に世帯員がいる場合】
残った世帯員の課税・非課税状況を確認し、要件に該当した場合には申請の上、受給することができます。
【単身世帯の場合】
世帯自体がなくなってしまうため、支給はされません。
(2)確認書の返送・申請を行った後に亡くなられた場合
当該世帯主に支給され、他の相続財産とともに、相続の対象となります。

外国人も支給対象になりますか?

基準日(令和3年12月10日)時点で、大田区の住民基本台帳に記載されている方で、その他の支給要件を満たしている方であれば、対象となります。


大田区臨時特別給付金(住民税非課税世帯等)コールセンター

電話番号:0120-435-280(お掛け間違いのないようお願いいたします。)

受付時間:8時30分から17時15分まで(月曜日~土曜日)
(注釈1)日曜日、祝日は除く

内閣府コールセンター(制度についてのお問い合わせ)

電話番号:0120-526-145
受付時間:午前9時から午後8時まで(土日祝を含む)

振り込め詐欺や個人情報の詐取にご注意ください。

区が以下のことを皆様にお願いすることは絶対にありません。

  • 現金自動預け払い機(ATM)を操作すること
  • 受給のために、手数料の振り込みを求めること
  • メールを送り、URLをクリックして申請手続きを求めること。

自宅や職場等に大田区の職員を名乗る不審な電話や郵便があった場合は、最寄の警察署か警察相談専用電話(#9110)にご連絡ください。

問い合わせ先

福祉管理課  
電話:03-5744-1764
FAX :03-5744-1520