大田区新型コロナウイルス感染症に係る障害者施設等PCR検査経費補助事業補助金交付手続きについて

ページ番号:204885304

更新日:2022年12月5日

大田区では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止する目的として、区内障害者施設等に対し、感染症法第15条に基づき実施する検査(行政検査)以外に受検させるPCR検査及び抗原定量検査の経費を補助します。

補助対象事業者

大田区内に所在地を有する以下の事業者

宿泊型自立訓練
共同生活援助
短期入所

補助内容

PCR検査等の対象者

(1)大田区に住所を有する新規入居者(宿泊型自立訓練、共同生活援助)は、入居時1人1回です。
(2)大田区に住所を有する利用者(短期入所)は、利用時毎に対象になります。
(3)大田区に住所を有する既存の利用者(宿泊型自立訓練、共同生活援助、短期入所)は、対象期間中1人12までです。
(4)従事者は、宿泊型自立訓練、短期入所(専任のみ)の従事者で、対象期間中1人48回までです。
(5)従事者は、抗原定性検査は対象外です。

補助金額

PCR検査等経費のうち検査費用、検体採取、結果診断料及び検体輸送代が対象で、1件につき上限は4万円。
予算の範囲内で交付します。

補助対象期間

令和4年4月1日(金曜日)から令和5年3月31日(金曜日)までの間に、検体を摂取し、PCR検査等を実施し、完了(検査結果が判明)した場合。従事者も補助対象期間は同様です。

注意事項

無症状の方が対象です。発熱等症状のある方は、お電話でかかりつけ医等にご相談ください。
採取する検体は、無症状の場合、鼻咽頭ぬぐい液または唾液になります。
保健所では自主検査に関する問合せに対応できませんのでご注意ください。
他の補助制度等により補助を受けている場合は対象外です。

申請の流れ

(1)補助金交付申請 (施設等→区) 【申請期限 令和5年3月31日(金曜日)

以下の1から7の書類を郵送でお送りください。(窓口受付、オンライン申請は行っておりません。)
郵送先は、「交付申請等郵送先」をご覧ください。
障害事業者と介護事業者で申請書類が別になりますので、申請の際はご注意ください。

提出書類
  様式等
1 「大田区新型コロナウイルス感染症に係る障害者施設等PCR検査経費補助事業補助金交付申請書」(第1号様式)
2 「実績内訳書」(第2号様式)
3 添付資料(PCR検査経費の領収書の写し等)
4 「大田区新型コロナウイルス感染症に係る障害者施設等PCR検査経費補助事業補助金交付請求書」(第5号様式)
5 支払金口座振替依頼書(振込口座情報等を記載し、請求書に使用するものと同じ印を押印してください)
6 振込先の通帳又はキャッシュカードの写し
口座番号、口座名義人が確認できるページ(通帳をめくった1頁目)をコピーしてください。電子口座の画面コピーも可。
7 PCR検査経費補助事業補助金交付申請書類チェックリスト
提出書類をチェックし、担当者、連絡先等必要事項を記載してください。

記載例

(2)補助金交付決定(区→施設等)

申請書類を審査し、「補助金交付決定通知書」(又は「補助金不交付決定通知書」)を郵送します。

(3)補助金交付(区→施設等)

支払金口座振替依頼書に記載された口座に振り込みます。

交付申請書等郵送先

新型コロナウイルス感染症感染防止のため、交付申請等は原則郵送にて申請してください。
〒144-8621 大田区蒲田5-13-14 大田区福祉部障害福祉課 認定・給付担当宛

問い合わせ先

大田区福祉部障害福祉課
認定・給付担当 電話:03-5744-1591

大田区新型コロナウイルス感染症に係る障害者施設等PCR検査経費補助事業 補助金交付手続きのご案内

大田区新型コロナウイルス感染症に係る障害者施設等PCR検査経費補助事業補助金交付要綱

Q&A (随時更新して追加します)

介護保険サービス事業所等を対象とした補助金制度については下記リンクをご確認ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader のダウンロードへ

Get Adobe Acrobat Reader

お問い合わせ

障害福祉課

電話:03-5744-1591
FAX :03-5744-1555
メールによるお問い合わせ