強制加入者と任意加入者について

ページ番号:257452718

更新日:2022年5月2日

 国民年金は、加入者が支払う保険料により高齢の方などを支える、相互扶助の関係で成り立っています。高齢になったときはもちろん、病気やけがで障害をもったときなどに年金を支給する制度です。

加入しなければならない人(強制加入者)

 20歳以上60歳未満の日本国内に住むすべての方が国民年金の加入者です。
 加入者は以下の3種類に分かれます。
(1)第1号被保険者
  自営業やアルバイト、学生、無職の方など
(2)第2号被保険者
  厚生年金保険に加入している方
(3)第3号被保険者
  第2号被保険者に扶養されている配偶者

希望して加入する人(任意加入者)

 以下の方は希望すれば国民年金に加入できます。
(1)海外に居住している20歳以上65歳未満の日本人
(2)厚生年金保険に加入していない60歳以上65歳未満の方で受給資格を満たしていない方や、満額に近づけたい方
(3)65歳の時点では受給資格がないが、65歳以降加入すれば70歳になるまでに受給資格ができる方(昭和40年4月1日以前生まれの人に限る)
(1)の海外に居住することになった時の任意加入(日本年金機構ホームページ)
 国民年金被保険者関係届書(日本年金機構ホームページ)
(2)上記(3)の60歳以上の方の任意加入(日本年金機構ホームページ)
  国民年金被保険者関係届書(日本年金機構ホームページ)

関連リンク

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader のダウンロードへ

Get Adobe Acrobat Reader

お問い合わせ