(実施レポート)【提携講座】佐伯栄養専門学校 「こころ」と「からだ」を健康にする力を「栄養」で引き出そう!

ページ番号:861195969

更新日:2022年5月9日

実施レポート


実施日:令和3年(2021年)10月9日、11月18日(土曜日)(注釈1) 午後2時から4時<全2回>

第1回では腸管と免疫の関係、必要な食物繊維を摂取する食事のとり方、具体的なメニュー等についての講義、第2回ではSATシステム(注釈1)の栄養バランス診断と体組成診断等から、自分の食生活のヒントを得る講座を開催しました。

尚、第1回の講義のダイジェスト版を大田区チャンネルYouTubeで配信しています。詳細はコチラ

(注釈1)SATシステムとは
実物そっくりのサンプル“フードモデル”で主食、主菜、副菜、汁物、デザートなどを組み合わせ、日頃食べているような献立を作り、それを専用の機械の上に載せ、性別や年齢などの個人設定を入れ込むと、その献立がその人に適しているか、何が不足しがちで、何が過剰気味になっているかを見ることができるシステムです。

(注釈1)緊急事態宣言が延長されたため、開催日時を変更して実施しました。

〇参加者の声(講座実施後のアンケートより)
・腸が免疫上大事とは、はじめて知りました。講義で先生の調理の様子や料理の写真が見られて参考になりました。

・腸管の説明では、食物繊維の必要性を学びました。バランス良く、食品を考えて、免疫力を高めるようにする方法を学びました。本日、参加してとてもためになりました。

・普段栄養バランスの良い食事を心がけていると思っていましたが、SATで偏りがあるのがわかりました。また脂肪が多いことは自覚してましたが、InBodyで数値で詳しく見ると反省点が多かったです。ここ数年体質改善に自身で努めていましたが、思うように改善しなかったので、講座を受講しました。改めて改善すべき点と課題が見えてきたように思います。

・自分の身体のこと、食事のことをいろいろ知ることができ、とても勉強になった。今日いただいた数値やアドバイスを活かす生活を実行したいと思います。

学習支援者

第1回 「健康」と「栄養」について考える ~免疫を維持するための食物繊維摂取の重要性~
学習支援者:佐伯栄養専門学校 管理栄養士 片山 一男かたやまかずお

第2回 食事バランス診断体験会
学習支援者:佐伯栄養専門学校 管理栄養士 山﨑 大治やまざきだいじ 氏、土橋 隆延どばしたかのぶ 氏

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader のダウンロードへ

Get Adobe Acrobat Reader

お問い合わせ

地域力推進課

区民協働・生涯学習担当
電話:03-5744-1443
FAX :03-5744-1518
メールによるお問い合わせ