「ユネスコ世界遺産講演会」を開催しました

ページ番号:318808143

更新日:2022年6月29日

ユネスコ世界遺産講演会

昨年度延期しておりました講演会について6月11日土曜日に開催しました。

京都には17もの世界遺産があります。
「古都京都の文化財」は、17か所の寺院、神社、城で構成され1994年に世界遺産の文化遺産として登録されました。
その中にはよく知られた寺社もあれば、あまり知られていないものもあります。どうして17か所の構成となったのでしょうか。
平安から江戸までおよそ100年にわたり日本の首都として繁栄してきた京都。その文化は各時代の建築や都市計画などに大きな影響を与え、また、自然と調和したその景観は日本独特の精神や文化を表しています。
講演では、「古都京都の文化財」の中からいくつかをとりあげて写真を見ながらその背景や鑑賞のポイントをわかりやすく解説いたします。

ユネスコ世界遺産講演会「京都の魅力再発見 古都京都の文化財」

【日時】 令和4年6月11日(土曜日) 午後2時から4時(午後1時30分開場) 
【会場】 羽田地域力推進センター4階会議室
【講師】 萩原 卓(はぎはら たかし) 氏(世界遺産アカデミー賛助会員、同認定講師、世界遺産マイスター)
【定員】 50名(応募多数の場合は抽選)
【参加費】 無料

参加者の感想

・楽しく有意義な時間をありがとうございました。また京都に行きたくなりました。
・観光客が再び押し寄せる前にゆったりと寺社仏閣巡りをしたいと思いました。以前のように普通の旅がままならない中、今回は貴重な時間を過ごせました。関係の皆様に感謝致します。
・参加できて楽しかったです。ありがとうございました。

感染症対策について

1 会場内の人数が、会場の定員の半数までとなるよう、受講者定員を設定しています。
2 受講の皆さまには、来館前に検温を行っていただき、37.5度以上の発熱がある又は平熱比1度超過の方については、受講をご遠慮いただきます。(注釈1)
(注釈1)息苦しさ(呼吸困難)・強いだるさ、軽度であっても咳・咽頭痛などの症状がある場合や、過去2週間以内に感染が引き続き拡大している国・地域への訪問歴がある場合も同様です。
3 入室時、手指の消毒を行います。
4 受講中のマスクの着用確認を行います。
5 講座中に定期的な換気を行います。
6 講座終了後には、使用機器等の消毒を行います。

大田ユネスコ協会とは

 1964 年(昭和 39 年)10月に、当時大田区在住の文化人、研究者らにより設立しました。
 ユネスコ憲章の精神に則り、教育・科学・文化を通じて国際理解を推進し、人の心に平和のとりで
を築くことによって世界の平和と人類の福祉に貢献することを目的としています。
目的達成のための事業として
・ ユネスコに関する一般 への 啓発普及と社会教育及び文化の向上と進展のため の 各種活動
事業 (講演会・写真展・麦わら細工教室等)
・ 内外ユネスコ関係の諸団体及び機関との連携・ 協力
その他、ユネスコの目的達成のために必要な事業 に 取組 んでいます。

お問い合わせ

地域力推進課

区民協働・生涯学習担当(大田区役所本庁舎 6階 27番窓口)
電話:03-5744-1443
FAX :03-5744-1518
メールによるお問い合わせ