羽田空港及び周辺での事故・重大インシデントについて

ページ番号:781041928

更新日:2020年10月26日

羽田空港及び周辺での事故・重大インシデント

 羽田空港及び周辺で発生しました事故、重大インシデント(直近3年間)は以下のとおりです。
 これらの事故・重大インシデントは、運輸安全委員会によって適確な事故調査が実施されています。
 事故及びその被害の原因究明が徹底して行われ、勧告や意見の発出、事実情報の提供などの情報発信を通じて必要な施策又は措置の実施により、運輸の安全に対する社会の認識を深めつつ事故の防止及び被害の軽減に寄与し、運輸の安全性を向上が図られています。

(注釈1)重大インシデント

事故が発生するおそれがあると認められる事態をいいます。

事故

重大インシデント

運輸安全委員会

 運輸安全委員会では、航空、鉄道及び船舶の事故・重大インシデントが発生した原因や、事故による被害の原因を究明するため調査を行い、調査の結果をもとに、事故等の防止や事故が発生した場合における被害の軽減のための施策措置について、関係行政機関の長や事故等の原因関係者等に勧告や意見を述べることにより改善を促しています。

事故等調査の流れ

 事故等の調査においては、事実調査を行い、必要な試験研究を行ったうえで、これらの結果を総合的に解析して、委員会の審議を経て原因の究明が行われます。
 調査の結果は、報告書としてとりまとめ、国土交通大臣に提出するとともに公表されます。
 
 航空に関する委員会の調査対象となる事故等は、(1)航空機の墜落、衝突又は火災、(2)航空機による人の死傷又は物件の損壊、(3)航空機内にある者の死亡(自然死等を除く)又は行方不明、(4)航行中の航空機が損傷を受けた事態、(5)重大インシデント(事故が発生するおそれがあると認められる事態)です。


【運輸安全委員会に関する問い合わせ先】
 運輸安全委員会事務局 総務課 広報室
 電話 03-5253-8486

お問い合わせ

空港まちづくり課

電話:03-5744-1650
FAX :03-5744-1528
メールによるお問い合わせ