『羽田スマートシティEXPO2022春』を開催しました

ページ番号:272517639

更新日:2022年5月31日

羽田イノベーションシティで『羽田スマートシティEXPO2022春』を開催

2022年4月22日(金曜日)から24日(日曜日)までの3日間、羽田イノベーションシティにて『羽田スマートシティEXPO2022春』を開催しました。
本イベントでは、「先端と文化の融合による新たな可能性の発見」をテーマに、AR(拡張現実)、自動運転バス、NFT(非代替性トークン)、AI(人工知能)など最新技術を活用した様々なイベントを企画し、普段、触れることのない最新技術を多くの方々に体験して頂きました。

最新技術を活用したイベントの他、様々な自治体が参加した「日本一周マルシェ」や、対面による企業間の交流を行う「HANEDA INNOVATION CROSS MEET(ハネダ イノベーション クロス ミート)」 なども開催しました。

羽田イノベーションシティは、「先端」と「文化」の2つをまちのコア産業として、商業・オフィスをはじめ、多くの特徴的な機能を内包した未来志向の新たな体験や価値に出会える場所です。
今後も区民の皆さんが気軽に最新技術などに触れ合えるイベントなどを開催していきます。

羽田スマートシティEXPO2020春チラシ

主なイベント

ARスポーツ「HADO」

ゴーグルを着用し、現実世界にデジタル情報を重ね合わせるAR技術を活用した新しいスポーツ「HADO」は、年齢や障がいなどに関係なく誰もが楽しめるスポーツです。

AIが描いた絵画展『DEEP ART展』

人ではなくAI(人工知能)が描いた絵画展『DEEP ART展』が開催されました。展示されている絵画は、全てNFT(非代替性トークン)の絵画であり、その絵画データが本物か偽物かを区別することが可能であり、今後のデジタルアートへの活用されることが見込まれる技術です。

自動運転バスによる実証実験

通常のハンドルやブレーキといった装置がなく、定常運航する自動運転バスは国内初です。
イベントに関係なく毎日10時30分から16時30分まで、施設内を定期的に巡回しておりますので、羽田イノベーションシティにお越しの際は是非ご乗車ください。

地域の食材等を堪能できる「日本一周マルシェ」

大田区はもちろん、日本各地の様々な自治体が参加した「日本一周マルシェ」では、羽田空港隣接という立地を活かして「産直空輸ブース」も設けられました。

企業間の交流を行う「HANEDA INNOVATION CROSS MEET(ハネダ イノベーション クロス ミート)」

ARなどの仮想空間だけではなく、対面による企業間の交流を行う「HANEDA INNOVATION CROSS MEET(ハネダ イノベーション クロス ミート)」 では、約20社の企業が参加しました。他の企業との交流を深めることで、新たな技術や事業が生まれることが期待されます。

お問い合わせ

大田区蒲田5丁目13番14号
電話:03-5744-1650
FAX :03-5744-1528
メールによるお問い合わせ