電力需給・節電

ページ番号:880985538

更新日:2022年8月10日

連日の猛暑により、電力需要が高い状況が継続しており、電力供給が追い付かなくなる可能性が高まっています。
これに伴い、区役所各庁舎では照明等の利用を最小限に抑えるなどの取り組みを行っております。
区民の皆さまにおかれましても、節電により室内の温度が上昇することで、熱中症にならないように注意するなど、無理のない範囲でのご協力をお願いいたします。

電力の需給情報

画像リンク:本日の電力使用の見通し出典:東京電力ホールディングス

最新の東京電力管内の電力需給状況は、東京電力「でんき予報」(外部サイトへ遷移します)をご覧ください。

電力需給ひっ迫警報・注意報関連

急激な気温変化や大型発電所の計画外停止等により、電力供給がひっ迫する可能性がある場合には、政府は、あらかじめひっ迫が想定される特定の電力会社管内に「電力需給ひっ迫警報」を発令し、緊急節電要請を行うこととされました。

電力需給ひっ迫警報・注意報

警報:広域予備率が3%を下回ると見込まれる場合
注意報:広域予備率が5%を下回ると見込まれる場合
[第50回 総合資源エネルギー調査会 電力・ガス事業分科会 電力・ガス基本政策小委員会資料]より


詳しくは、経済産業省HPをご覧ください。

節電・省エネ

電力ひっ迫に係る1都8県共同メッセージ

今夏今冬の電力ひっ迫について、東京都、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、神奈川県、山梨県、静岡県の1都8県で共同メッセージを発出しました。
詳しくは、東京都環境局:HTT公式サイト「Tokyo Cool Home & Biz」をご覧ください。

ご家庭での節電のコツ

夏季の点灯帯(19時頃)に使用割合が多いエアコン・照明・冷蔵庫について、ご家庭で取り組むことのできる「省エネ・節電メニュー」を以下に例示しました。
自分のライフスタイルに合わせて、熱中症にならないよう冷房等をうまく活用いただきながら、使っていない照明を消すなど、無理のない範囲で節電へのご協力をお願いいたします。
[経済産業省:夏季の省エネ・節電メニュー]より

エアコン

  • 室内の冷やしすぎに注意し、無理のない範囲で室内温度を上げましょう。
  • 目詰まりしたフィルターを清掃しましょう。
  • 日中はすだれ、よしず、カーテンなどで窓からの日差しを和らげましょう。

照明

  • リビング等の部屋の明るさを下げましょう。
  • 不要な照明は消しましょう。

冷蔵庫

  • 冷蔵庫の冷やしすぎを避け、扉を開ける時間を減らし、食品を詰め込みすぎないようにしましょう。
  • 壁との間に適切な間隔を空けて設置しましょう。

家庭でできる省エネ

日々の節電は、温室効果ガスの削減にもつながるため、区民の皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

大田区地球温暖化防止アンバサダー

大田区出身の気象予報士「依田司」さんに大田区地球温暖化防止アンバサダーに就任いただき、地球温暖化に関する様々な情報を発信いただいています。省エネの節電に向けた動画もございます。是非ご覧いただき省エネを実践しましょう。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。「5分で分かる地球温暖化」シリーズ

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。大田区地球温暖化防止講演会

参考リンクなど

 区では、「大田区環境アクションプラン」を策定し、2050年度までに脱炭素社会の実現(温室効果ガス排出量実質ゼロ)掲げています。

お問い合わせ

環境計画課

電話:03-5744-1625
FAX :03-5744-1532