羽田空港跡地第1ゾーン都市計画公園予定地の暫定活用について(実施結果)

ページ番号:979889942

更新日:2022年11月30日

暫定活用について

大田区では、羽田空港跡地第1ゾーンに都市計画公園の整備を予定しています。
公園整備にあたっては、様々な方法を用いて区民の方を中心に公園の使いかた、施設のご要望などについてご意見を伺ってまいりました。いただいたご意見や羽田空港跡地の歴史、社会状況等を踏まえ、本公園の整備・運営に関する区の考え方を示した「羽田空港跡地第1ゾーン都市計画公園コンセプトブック」を令和4年4月に策定したところです。
このコンセプトブック策定にとどまらず、本公園が供用するまでの間、様々な取組みを行っていくことで、この公園に関する認知度向上、愛着醸成等が図れるよう、令和4年7月~11月にかけて公園予定地の暫定活用を実施しました。

対象地

下図範囲の約1,000平方メートル程度です。
現地は工事中用地であり、安全性確保のため、高さ1.8メートルのフェンスで囲われています。
電源・水道等のインフラ設備はありません。

予定地

現地状況

現地状況1

現地状況2

実施条件

「羽田空港跡地第1ゾーン都市計画公園コンセプトブック」の活動シーンや使い方想像図で示した公園利用イメージを参考に、本公園の整備・運営に資する取組みについて以下の条件で事業者が実施した。
・実施に要する費用は事業者等の自己負担とする。
・営利活動を行うことはできない。参加者から参加費用を徴収することもできない。
・利用者は区民の方を想定している。コロナ対策、熱中症対策等、安全に配慮した内容とする。

イベントの様子

令和4年11月12日実施分

晴天に恵まれ11月とは思えない暖かい1日で、700人近い方が訪れました。
ヨガ、ものづくりワークショップ、アート体験、子ども縁日など、多種多様なコンテンツを親子で楽しんでいました。
新たに張られた芝生の上で、みなさん心行くまで過ごされ、大変にぎわっていました。

令和4年9月17日~19日実施分

17日は晴天に恵まれ、多くの方が屋外で、電動モビリティを体験しました。
また、プロのトライアルライダーによる特別イベントでは、圧巻のパフォーマンスに観客の皆さんが手に汗を握り、歓声をあげました。

18日、19日はあいにくの雨でしたが、羽田イノベーションシティZone K104で最新の電動小型モビリティの試乗体験をしました。
また、18日はプロのトライアルライダーによる特別イベントを室内で実施。はねぴょんも応援に来ました!

3日間を通じ、600人近い方が訪れ、まちなかの公園では経験できないひと時を楽しまれました。

令和4年8月21日実施分

雨が心配されましたが、天気はもち、200人以上の方が訪れました。
前回大好評だった噴水に加え、50メートルの布地に目いっぱい自由に描くお絵描き、ボッチャ、モルック、電動モビリティ試乗を体験しました。
まちなかの公園では経験できないものばかりで、皆さん目を輝かせて大いに楽しんでいました。

令和4年7月24日実施分

晴天にも恵まれ、子どもを中心に150人以上の方が訪れました。
木製のおもちゃ・楽器、噴水、ターザンロープなど、まちなかの公園とはちょっと違った遊びを体験しました。
また、どんな使い方に興味があるか、シールを貼ってもらいました。

お顔がアップで映っているお子さんについては、ホームページへの掲載について保護者の方の了解をいただいております。

参考リンク

お問い合わせ

空港まちづくり課

電話:03-5744-1650
FAX :03-5744-1528
メールによるお問い合わせ