大田区多文化共生推進協議会

ページ番号:161644533

更新日:2021年3月29日

日本人も外国人も住みやすいまちってどんなまち?
大田区では、平成23年に大田区多文化共生推進協議会を設置し、「国際都市おおた」にふさわしいまちづくりについて協議を重ねています。
『「国際都市おおた」多文化共生推進プラン』に掲げる『地域の力を結集し、新たな時代を切り拓いて、世界にはばたく「国際都市おおた」』の実現に向けて、様々な立場や国籍の方が委員となり、協議の結果を区長に提言します。

第5期(令和元~2年度)

 第5期多文化共生推進協議会は、2年の任期で学識経験者や外国人区民、地域の代表者や公募区民を含む11名の委員で構成され、2019、20の両年度にかけて、「国際都市おおた」多文化共生推進プランが掲げる3つの基本目標の実現に向けた協議を6回にわたり行いました。
 第7回目となった3月29日の最終会議の席上、第5期多文化共生推進協議会の三枝健二会長をはじめ、11名の委員から松原区長に、この報告書が提出されました。報告書では、「多国籍区民会議の開催」や、外国人区民による災害時における外国人支援体制の構築等の提言がなされました。


(左から)松原忠義区長と三枝健二会長


第5期多文化共生推進協議会の委員と集合写真

なお、第7回協議会は、意見表明の場ではないため、議事要旨の作成はしておりません。

議事要旨

議事要旨にある参考資料「多文化共生事例集」はこちら

委員

これまでの報告書

第4期(平成29~30年度) 多文化共生推進協議会報告書

第3期(平成27~28年度) 多文化共生推進協議会報告書

第2期(平成25~26年度) 多文化共生推進協議会報告書

第1期(平成23~24年度) 多文化共生推進協議会報告書

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader のダウンロードへ

Get Adobe Acrobat Reader

お問い合わせ