情報連携で手続きがもっと簡単に

ページ番号:964967793

更新日:2017年11月20日

情報連携とは?

情報連携とは、区が行政手続きに必要な個人情報を全国の自治体や行政機関との間でやりとりすることを言います。

注釈1 マイナンバーを使う行政手続きは、マイナンバー法や区の条例で定められた行政手続きのみに限定されています。

情報連携で何か便利になるの?

マイナンバーを利用する手続きでは、情報連携を活用することによって、区民の皆さんにご用意いただく書類が減り、手続きがより簡単・便利になります。

区の手続きで添付が不要となる書類(例)
申請内容 不要となる書類の例
介護保険の減免申請 住民票、課税証明書、生活保護受給証明書
障害福祉サービスの申請
(障害者総合支援法)
住民票、課税証明書、生活保護受給証明書
生活保護の申請 課税証明書、雇用保険受給資格者証、
児童扶養手当証書、特別児童扶養手当証書
児童手当の申請 課税証明書
児童扶養手当 住民票、課税証明書、特別児童扶養手当証書

注釈2 申請内容によっては、これまでどおり書類の提出をお願いする場合があります。
注釈3 申請の際は、区の担当窓口の案内を必ずご確認ください。

お問い合わせ

企画課

大田区蒲田五丁目13番14号
TEL:03-5744-1657
FAX:03-5744-1502
メールによるお問い合わせ