感震ブレーカーの支給

ページ番号:872313213

更新日:2020年3月6日

 感震ブレーカーは、地震発生時に設定値以上の揺れを感知したときに、ブレーカーの電気を自動的に止める器具です。
 不在時やブレーカーを切って避難する余裕がない場合に、「通電火災」を防止する有効な手段になります。
 区では、下記の世帯に対し、感震ブレーカー(簡易タイプ)を無料で取り付けします。「通電火災」から大切な家族や財産を守るため、震災に備えてできることから始めましょう。

対象

次のいずれかに該当する世帯で、世帯を構成する全員が前年度住民税非課税または住民税課税所得金額80万円以下の世帯であること

  • 高齢者(65歳以上)ひとり暮らし
  • 高齢者(65歳以上)のみの世帯
  • 障害者(身体障害者手帳1級~4級、愛の手帳1~3度)の方がいる世帯
  • 精神障害者保健福祉手帳を交付されている方がいる世帯
  • 介護保険の要介護3~5の方がいる世帯

取付器具について

・簡易タイプの「感震ブレーカーアダプターヤモリ」を無償で支給取付。

・分電盤の形状により分電盤への直接の設置が困難な場合は、付属品の「ヤモリ・デ・リモート」も合わせて支給取付。

申込方法

上記の対象者で支給を希望される方は、以下の要領で申し込んでください。
(郵送での取り扱いとなります)

  • 「申請書」「家主の承諾書」(借家、アパートの方のみ)に必要事項を記入の上、封筒に入れ、84円切手を貼り投函してください。
  • 申請書の記入に際し、申請者本人が記入できない場合は、代理の方が記入してください。
  • 借家の場合は、「承諾書」に所有者等の署名、捺印が必要です。
  • パンフレット(申請書)は、防災危機管理課の他、特別出張所、地域福祉課、地域健康課、地域包括支援センター、障がい者サポートセンターで配布しています。

  この申込みは年間を通じて受け付けております。

郵送先

 郵便番号144-8621
 大田区蒲田五丁目13番14号
 大田区 総務部 防災危機管理課(管理)

申し込みにあたって

取り付けまでの流れ

  申請書の郵送
     ↓ 
 支給決定通知書の通知
     ↓
  区の委託業者による事前連絡
     ↓
  取付作業

費用

  取り付け作業等の費用は、区が負担しますので、申込者が業者に代金を支払うことはありません。

時期

  申請書を受理してから、概ね1か月程度を目途に区の委託した業者が事前連絡の上、作業日を確認し、取り付けにお伺いします。

設置器具の種類

 簡易タイプの「感震ブレーカーアダプター ヤモリ」を取り付けます。なお、分電盤の形状が蓋付きなどにより分電盤への直接の設置が困難な場合は、付属品の「ヤモリ・デ・リモート」も合わせて取り付けます。

注意

 取り付けを希望されても、分電盤の規格等により器具の取り付けができない場合もありますので予めご了承ください。また万が一、分電盤の老朽化が原因で、取り付け時に分電盤の故障等が発生した場合につきましては、責任を負いかねますので予めご了承ください。

借家等の場合

  感震ブレーカー取り付けについて、家主の承諾書が必要となります。
 公営住宅(都営、区営住宅)にお住まいの方は、承諾書提出の必要はありません。

その他

  感震ブレーカーの支給は、世帯1回限りです。
 

関連リンク

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader のダウンロードへ

Get Adobe Acrobat Reader

お問い合わせ

防災危機管理課

電話:03-5744-1235
FAX :03-5744-1519
メールによるお問い合わせ