大田区災害時情報通信システム実施計画書を策定しました。

ページ番号:927714607

更新日:2021年4月20日

 近年発生する自然災害は、激甚化、多発化する傾向にあり、災害から区民の皆様の安心・安全を守るためには、以前に増してより戦略的かつ効率的な災害対応を行うことが求められています。
 当区では、多数の災害時情報通信システムが導入されてきており、本区全体として有効に機能するシステムとするためには、各個別システムの将来的な更改や統廃合を含めた最適化が必要となっています。
 これらの課題に対応していくため、令和元年度末には本区の災害時情報通信システムの新たな整備方針を定めた「大田区情報通信システム基本計画書」を策定しました。
これを踏まえ、令和2年度末には、各システムの具体的な整備内容を定めた「大田区情報通信システム実施計画書」を以下のとおり作成いたしました。
 今後は、この実施計画に基づき、システムの整備を進めるとともに、区民の皆様の安心安全を守るための取組みを推進してまいります。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader のダウンロードへ

Get Adobe Acrobat Reader

お問い合わせ

防災危機管理課

計画担当
電話:03-5744-1236
FAX:03-5744-1519