外国人のみなさまへ個人番号カード(マイナンバーカード)のご案内

ページ番号:144150718

更新日:2021年5月31日

マイナンバー制度について

マイナンバー(社会保障・税番号)制度は、住民票を有するすべての方に個人番号を付すことで、社会保障・税・災害対策等の分野で活用して、公平・公正な社会の実現をめざす制度です。

上記リンクからマイナンバーについて27か国語の説明文を読むことができます。

マイナンバーの通知について

新たに海外から入国した場合は、住民登録の手続きをした後、マイナンバーの個人番号通知書が郵送で住民票の住所に届きます。マイナンバーは、日本で生活していく上で、必要になる大切な番号です。

マイナンバーカードとは

マイナンバーカード

マイナンバーカードはプラスチック製のカードで、表面に氏名・住所・生年月日・性別・本人の顔写真、裏面にマイナンバーが記載されます。申請は任意です。

マイナンバーカードの申請について

郵送での申請

「個人番号カード交付申請書」に本人の顔写真を貼り、返信用封筒に入れて郵便ポストへ。

パソコンやスマートフォンでの申請の場合

デジタルカメラやスマートフォンでとった写真を使って申請が可能です。交付申請用のWEBサイトにアクセスし、画面にしたがって必要事項を入力、顔写真を添付して送信します。入力項目として申請書IDが必要となります。申請書IDは正しく入力してください。申請書IDの入力を間違えるとカードが発行できません。

マイナンバーカードの受け取りについて

マイナンバーカードの準備が終わると、区から交付通知書が届きます。交付通知書が届きましたら、電話でご来庁の予約をお願いします。交付通知書に記載の「必要な物」をお持ちの上、ご本人が区の窓口へお越しください。

マイナンバーカードの有効期限について

在留期限がない外国籍の方

在留期限がない外国籍の方で20歳以上の方は、日本人と同様に、カードが作成された日から10回目の誕生日までが有効期限となります。
また、20歳未満の方はカードが作成された日から5回目の誕生日までが有効期限となります。

在留期限がある外国籍の方

在留期限がある方は、マイナンバーカードの有効期限が在留期限までとなっています。
マイナンバーカードの有効期限は、自動的には延長されません。
在留期限を更新された場合は、更新前の在留期間の満了日までにマイナンバーカードの延長手続きをしてください。

なお、在留期間の満了日までに新しい在留期限が決まらない場合は、現在の在留期間の満了日までに、2か月間の延長申請をすることができます。
この場合も、後日在留期限を更新された場合は、マイナンバーカードを延長した日の末日までに手続きをしてください。

手続きをされなかった場合、マイナンバーカードは失効します。
失効後、マイナンバーカードの再交付を希望される場合は有料となります。

在留期間更新に伴うマイナンバーカードの有効期間延長手続き

受付場所

(1)大田区役所1階戸籍住民課3番窓口
月曜日から金曜日
午前8時30分から午後5時まで
(祝日及び年末年始は除く)

(2)大田区マイナンバーカードセンター
月曜日から金曜日 午前9時から午後7時まで(受付は午後6時30分まで)
土曜日・日曜日  午前9時から午後5時まで(受付は午後4時30分まで)
(第三土曜日とその翌日の日曜日、祝日、年末年始を除く)

届出人

本人または世帯員
(注釈)世帯員の方はマイナンバーカードの有効期間延長申請のみできます。

持参する書類等

  • マイナンバーカード
  • 暗証番号(交付時に設定した数字4桁及び英数字6桁から16桁のもの)

  (注釈)世帯員の方が来られる場合は、交付前に設定した数字4桁の暗証番号を本人から聞いておいてください。

  • 新しい在留カード

お問い合わせ

■マイナンバー総合フリーダイヤル(英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語対応)

(1)マイナンバー制度、マイナポータルに関すること
0120-0178-26 (フリーダイヤル)
(2)個人番号通知書、通知カード、マイナンバーカード、
紛失・盗難によるマイナンバーカードの一時利用停止
0120-0178-27 (フリーダイヤル)
平日9:30~20:00、土日祝日9:30~17:30(年末年始を除く。)

電話:03-5744-1554
FAX :03-5744-1513
メールによるお問い合わせ