大森中・糀谷・蒲田地区防災街区整備地区計画

ページ番号:953196933

更新日:2022年5月10日

はじめに

 木造老朽家屋が密集していた地区においては、阪神淡路大震災で大半の建築物が全半壊し、火災により多くの人命が失われました。
 このような被害を防ぐためには、建物の不燃化、避難道路や公園の整備などが有効と考えられています。
 そうした安心して住み続けられる良好な街並みの快適な市街地を形成するため、「大森中・糀谷・蒲田地区防災街区整備地区計画」が策定されました(平成23年10月1日都市計画決定 大田区告示第589号)。
 第一京浜国道、環状8号線、産業道路に囲まれた区域内において、建築等を行う場合には、工事着工の30日前までに届出が必要となります。

大森中・糀谷・蒲田地区防災街区整備地区計画の手引き

届出様式(Word、PDF)

変更届出様式(Word、PDF)

郵送受付について

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader のダウンロードへ

Get Adobe Acrobat Reader

お問い合わせ

建築審査課

電話:03-5744-1387
FAX :03-5744-1530
メールによるお問い合わせ