大田区自転車等利用総合基本計画

ページ番号:778119596

 区ではこれまで放置自転車問題の解決を図るため、1自転車等駐車場の整備、2放置自転車等の撤去、3啓発活動を柱として対策を講じてきました。しかしながら、依然として駅周辺においては鉄道利用者の放置自転車等と買い物目的の自転車等が混在し、行政が単独で対応するには困難な状況が多くなってきています。また、最近では交通ルールやマナーを守らない自転車も増加し、歩行者との事故やトラブルが起きています。
 そこで、自転車が安全に走行し、歩行者も安心して歩ける快適なまちづくりを目指すため、さまざまな関係団体の応援協力を求めながら、今後の自転車対策を総合的にかつ計画的に推進するため「大田区自転車等駐車対策協議会」を設置し、「大田区自転車等利用総合基本計画(案)」の作成に向けて協議を行いました。協議会では、この基本計画(案)を、区長へ答申し、区はこれを受けて区民意見公募手続(パブリックコメント)を行い、平成23年3月に「大田区自転車等利用総合基本計画」を策定いたしました。