認知症サポーター養成講座

ページ番号:641797620

更新日:2021年10月1日

認知症サポーターとは

 認知症サポーターとは、認知症の人やその家族の「応援者(サポーター)」です。認知症について理解し、偏見を持たず温かい目で見守ることで、認知症の人たちが安心して暮せるまちをつくることにつなげることができます。
 「認知症サポーター養成講座」を受講することで、認知症サポーターになることができます。

認知症サポーター養成講座とは

 DVDやテキストを使い、認知症の症状やその予防、認知症の人に接するときの心構えなどを学ぶ、90分程度の講座です。
 受講者には、テキストのほか、認知症サポーター養成講座を受講した証である「オレンジカード」をお渡しします。
 大田区に在住・在勤・在学の方が受講でき、「個人での受講(会場型)」、「個人での受講(オンライン型)」、「団体での受講」の3種類の受講方法があります。

●認知症の方への介護の方法を学ぶ講座ではありません。また、講師が個別の相談をお受けすることはできません。

(1)認知症サポーター養成講座の内容

認知症サポーター養成講座テキストに基づいて、DVDの上映を交えた90分程度の講義が行われます。

【認知症を理解する】
  認知症とはどういうものか/認知症の症状/周辺症状とその支援/認知症の診断・治療/認知症の予防について/認知症の人と接するときの心がまえ/認知症介護をしている家族の気持ちを理解する
【認知症サポーターとは】
  地域で/はたらく場面で/家族の人は

(2)講師

 認知症サポーター養成講座の講師資格をもった「キャラバン・メイト」が講師となり認知症の知識を伝えます。大田区では主に地域包括支援センターの職員が講師となります。

(3)費用

 無料です。ただし、団体で受講する場合にかかる会場使用料、テキスト等の送料はご負担いただきます。

個人参加のできる認知症サポーター養成講座

申込み

下の画像内の問合先へお電話にて申込みください。
申込みは、開催の一か月ほど前から受け付けます。

 会場の詳細については、以下のリンクよりご確認ください。
 〇特別出張所
 〇田園調布せせらぎ館

個人での受講(オンライン開催)

自宅などから、オンラインで受講することができます。
使用ウェブ会議システムソフトウェア:シスコシステムズ(CISCO)社Webex

●予約受付にあたり、氏名、住所などの個人情報を入力いただきます。あらかじめご了承ください。
●受講にあたり、インターネット環境の準備、通信費のご負担は、ご本人で行っていただく必要があります。
●講座受講の際、ウェブ会議システムにて講座受講者は原則、音声はオフ(ミュート)になりますが、ビデオはオン(顔が見える状態)となります。ご了承ください。

申込み、受講の流れ

1 下記のURLより申込みフォームへ移動し、必要事項を入力し申込みを行ってください。
  申込みが完了しますと、登録したメールアドレス宛に完了メールが届きます。
  申込みフォームURL(外部サイト):
  https://ninsapo.orangeact.org/application
  (予約受付期間はおおむね開催30日前から10日前となります。)

2 入力いただいた住所宛に、認知症サポーター養成講座で使用する教材等を送付いたします。(自己負担なし)

3 開催3日前までに、入力いただいたメールアドレスに参加方法のお知らせやウェブ会議参加用URLを送付いたします。

4 開催当日、送付したURLから認知症サポーター養成講座のウェブ会議に入室してください。
  (開始15分前から入室が可能になります。)

5 時間になりますと、講座が始まりますので受講してください。

6 講座の受講後、アンケートに回答をお願いいたします。
  アンケートの回答をもって、受講完了とみなします。 

団体での受講

受講する際は、新型コロナウイルス感染拡大防止対策を講じていただきますようお願いいたします。 
 
 地域の事業所、団体、グループ等に対して、キャラバン・メイトが出向いて講座を実施します。
 ご希望の方は下記「開催申込書」を作成し、開催希望日の45日前までに委託事業者へメールにてご提出ください。(委託事業者については、開催申込書に記載しています)。

(1)申込み条件

 大田区内に在住・在勤・在学の方々であれば開催可能です。会場は大田区内に限ります。人数に上限はありません。
 ただし、営利目的の場面での開催はできません。

開催を想定している団体(例)
団体 具体例
地域の人たちで 自治会・町会、シニアクラブ、防災・防犯会、ボランティア団体など
地域の企業・団体で
(従事者対象)
金融機関、スーパーマーケット、新聞販売業、薬局、公共交通機関、
郵便局、警察、会社・事業所、宅配業、タクシー業、商工会など
学校で 小学校・中学校・高等学校の児童・生徒、教職員、PTAなど
その他 趣味の集まり、有志のグループなど

(2)ご用意いただくもの

 ・会場の手配(大田区内)
 ・DVDの上映機材

●会場使用料等は主催者がご負担ください。また、テキストを送付する代金をご負担(着払い)等いただく場合があります。

(3)その他

● 大田区では、主に地域包括支援センターのキャラバン・メイトの資格を持つ職員が講師のため、原則、休日・夜間の開催はできません。
● 平成27年4月1日より対象を拡大して、介護サービス事業所、介護従事者及び介護専門職の団体も受講対象となりました。 ただし、講座内容や講座で使用する教材は一般区民の方々が受講されるものと同じで、専門職向けではありません。

認知症サポーターキャラバンのマスコット「ロバ親子のキャラバン隊」

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader のダウンロードへ

Get Adobe Acrobat Reader

お問合せ

高齢福祉課

電話:03-5744-1250
FAX :03-5744-1522
メールによるお問合せ