同居児童の届出(同居児童に関する届出書・同居児童の解消に関する届出書)

ページ番号:389680153

更新日:2019年5月15日

同居児童に関する届出

児童福祉法第30条第1項に基づき、同居を始めた日から3か月以内(乳児については1か月以内)に、市区町村長を経て都道府県知事に届け出る必要があります。

届出対象者

四親等内の児童以外の児童を、その親権を行う者または未成年後見人から離して、自己の家庭に3か月(乳児については1か月)を超えて同居させる意思をもって同居させた者または継続して2か月(乳児については、20日以上)同居させた者

届出期間

同居を始めた日から3か月以内(乳児については、1か月以内)

同居児童の解消に関する届出

上記の届出をした者が、その同居をやめたときは、同居をやめた日から一月以内に、市区町村長を経て、都道府県知事に届け出る必要があります。

届出人

児童を同居させているもの

届出に必要なもの

・印鑑(届出人のもの)
・住民票
・本人確認ができるもの(運転免許証、写真付住民基本台帳カード等)

届出先

こども家庭部 子ども家庭支援センター

様式

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader のダウンロードへ

Get Adobe Acrobat Reader

お問い合わせ

子ども家庭支援センター
大田区大森北四丁目16番5号
電話:03-5753-7830
FAX :03-3763-0199
メールによるお問い合わせ