給与所得者(サラリーマン)の方を対象とした特別徴収

ページ番号:121489622

更新日:2021年8月3日

特別徴収について
給与所得者(サラリーマン)の方を対象とした納税方法を「特別徴収」といいます。区から「特別徴収税額通知書」により給与の支払者(事業主=特別徴収義務者)を通じて税額12か月分がサラリーマン本人に通知されます。
給与の支払者は通知されたこの税額を6月から翌年5月まで、毎月の給与から天引して区に納入します。納期限は給与を支払った月の翌月10日です。(金融機関が休日の場合はその翌日)。
東京都と都区市町村はオール東京で、平成29年度から原則として全ての事業主の方に、特別徴収義務者の指定を実施しておりますので、事業主の方は、ご理解・ご協力をお願いいたします。

納入方法
・大田区発行の納入書(納入書右上に608と書かれたもの)を使用する場合
税額に変更がない場合は、そのままご使用ください。
給与所得者の退職・転勤・税額の変更等により特別徴収税額が変更になった場合は、「特別徴収税額変更通知書」により通知します。その際、税額を変更した納入書はお送りしておりませんので、以前にお送りしてある納入書の納入金額を訂正してご使用ください。

大田区からお送りした納入書以外の納入書をご使用されていた特別徴収義務者には、納入書をお送りしておりません。必要な方は納税課特別徴収までご連絡ください。

・eLTAX(地方税共通納税システム)で納入する場合
自宅や職場のパソコンから全国の市区町村へ電子納税することが可能です。(ダイレクト納付またはインターネットバンキングを選択できます。)
(注意点)
あらかじめeLTAXの利用届出と、eLTAX対応ソフトウェアの用意が必要です。
領収証書は発行されません。領収証書が必要な場合は、金融機関窓口等に納付書持参のうえ納付をお願いします。
共通納税システム利用の際は、特別徴収義務者指定番号など必要事項の入力をお願いします。
詳しくはeLTAXホームページの「共通納税」の項目をご覧ください。
eLTAXホームページ

・独自の納入書を使用する場合
金融機関へ納入を委託している場合や事業所独自で納入書を作成している場合は、口座番号が大田区作成の納入書と異なりますので、次の口座番号を使用してください。
(1)口座番号   00170-6-960021
(2)加入者名   大田区会計管理者
(3)市町村コード 131113

退職所得に対する特別区民税・都民税の特別徴収

退職所得に対する特別区民税・都民税は、他の所得と区分して退職手当等の支払われる月に特別徴収していただきます。税額につきましては、退職金が支給された日の翌月10日までに納入をお願いします。
納入の際には、納入書の納入金額の「退職所得分」及び裏面の納入申告書の記載も忘れずにお願いします。
法人の取締役、監査役、その他の役員の方については、「特別徴収票」(源泉徴収票)の提出をお願いします。

納期の特例
従業員が常時10人未満の事業所等には、年2回払いの制度があります。手続きについては、納税課 特別徴収にご連絡ください。なお、納期の特例の承認を受けていて、前年度の税金の滞納がなく、給与支払報告書を期限内に提出していただければ、次年度にそのまま継続されます。

給与所得者異動届出書(下のリンクから様式をダウンロードできます。)

(1)特別徴収により特別区民税・都民税を徴収することとされている給与所得者が、退職、転勤等により異動した場合は、給与所得者異動届出書(異動届)を提出してください。
異動届の提出が遅れますと、特別徴収義務者が未納の扱いとなってしまったり、納税者が退職後の未徴収税額を、普通徴収の方法によって納めるための事務手続きが遅れるなどの支障がありますので、異動事由が発生した日の翌月10日までにご提出してください。
(2)転勤、再就職等で、勤務先が変更になっても、引き続いて特別徴収を希望する場合は、旧特別徴収義務者が異動届を作成し、新特別徴収義務者を経由して提出してください。
(3)退職等により給与の支払を受けなくなる人で、未徴収の税額を超える給与または退職手当等が支払われる場合には、次の表の方法によって、一括徴収をお願いします。

退職等の時期による一括徴収の取扱
退職等の時期 一括徴収の取扱
6月1日から12月31日まで 本人に一括徴収の希望の有無を確認のうえお取扱いください。
翌年1月1日から4月30日まで すべて一括徴収の取扱いをしてください。

注意事項

  • 一括徴収した税額は、毎月の月割額に含めて納入してください。
  • 一括徴収されない「残りの税額」については後日、本人あての納税通知書(普通徴収)によって、納めていただきます。

普通徴収から特別徴収への切替(特別徴収切替届出(依頼)書)
普通徴収の納税者を就職等により特別徴収に切り替える場合は、特別徴収切替届出(依頼)書に所要事項を記入して提出してください。
その際、普通徴収の納期限が到来している期の税額は、特別徴収に切り替えることができませんのでご注意ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader のダウンロードへ

Get Adobe Acrobat Reader

お問い合わせ

特別徴収の納入、異動届などに関することは
 納税課
特別徴収 電話:03-5744-1197
 メールによるお問い合わせ

特別徴収切替届出(依頼)書に関することは
 課税課

  • お住まいの担当地区

 大森地区:大森・山王・馬込・中央・池上・平和島の各地区
 調布地区:嶺町・田園調布・鵜の木・雪谷・千鳥・久が原・千束・石川町・仲池上・上池台の各地区
 蒲田地区:蒲田・糀谷・羽田・萩中・六郷・矢口・下丸子・多摩川の各地区

  • 連絡先

 大森地区 電話:03-5744-1194
 調布地区 電話:03-5744-1195
 蒲田地区 電話:03-5744-1196
 担当地区が不明の場合 
 庶務・諸税 電話:03-5744-1192
 FAX(各地区共通):03-5744-1515